【2021年】フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビュー・口コミも加えてご紹介します!

Sponsored Links
  1. 1位.フォノイコライザーのおすすめ│『audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ3』
    1. フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ3』
  2. 2位.フォノイコライザーのおすすめ│『Muslady フォノプリアンプ オーディオファイルM/M レベルコントロール』
    1. フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『Muslady フォノプリアンプ オーディオファイルM/M レベルコントロール』
  3. 3位.フォノイコライザーのおすすめ│『BEHRINGER PP400』
    1. フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『BEHRINGER PP400』
  4. 4位.フォノイコライザーのおすすめ│『audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ20』
    1. フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ20』
  5. 5位.フォノイコライザーのおすすめ│『ART エー・アール・ティー フォノ・イコライザー・アンプ DJ PRE II 【国内正規輸入品】』
    1. フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ART エー・アール・ティー フォノ・イコライザー・アンプ DJ PRE II 【国内正規輸入品】』
  6. 6位.フォノイコライザーのおすすめ│『TEAC ステレオプリメインアンプ シルバー A-R630MKII-S』
    1. フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『TEAC ステレオプリメインアンプ シルバー A-R630MKII-S』
  7. 7位.フォノイコライザーのおすすめ│『ONKYO フォノイコライザー MMカートリッジ対応 PE-155(S) /シルバー』
    1. フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ONKYO フォノイコライザー MMカートリッジ対応 PE-155(S) /シルバー』
  8. フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

1位.フォノイコライザーのおすすめ│『audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ3』

フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ3』

最近のプレーヤーにはフォノイコライザーつきのものが多いですが、以前使用していたAurexのレコード・ターンテーブルには付いてなかったので購入。
そのAurex製もついに寿命が来てしまい、DENONアナログレコードプレーヤーフルオートプレミアムシルバーDP-300F-SPⅡ買い替え。
フォノイコライザーがなくても再生可能なのですが、せっかくなのでと継続して本機を使っています。
音質は特に特徴的なものではないですが、メーカーへの信頼感とあわせお気に入りです。
technicsのレコードプレーヤーとアンプの間に挟んで使用してます。音質は、フラットなイメージでコスト的にも満足出来ました。

audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ3』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ3』の詳細を見る

2位.フォノイコライザーのおすすめ│『Muslady フォノプリアンプ オーディオファイルM/M レベルコントロール』

フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『Muslady フォノプリアンプ オーディオファイルM/M レベルコントロール』

この手の商品は、ほとんどが決まった感じでOPアンプで構成されているのだけれど、開くと、専門的で申し訳ないですが、片チャンネル、ディスクリートトランジスター3石、3段直結(最終段エミッター出力)A級増幅の、
70-80年代の良きオーディオ時代の回路でした。私は好感が持てました。
音質・ノイズは一般的ですが気に入りました。
ACアダプター12Vが付いていましたが、電源のコンデンサーが25V耐圧なので、20Vくらいかけても大丈夫です。
その分ダイナミックレンジも広がると思いますが、12Vアダプターで使うのが安全。
どうせ中国製で大したことないだろうけど、この価格なら、失敗してもいいやと思い購入いたしましたが試聴すると私が悪かった馬鹿にして御免という商品でした最近のLSIのフォノイコライザーは昔の高級機に比べても遜色有りませんでした
SNの良さ音の繊細さどれをとっても素晴らしいです単純な構成ですので初期故障さえなければ故障もしそうにない商品ですボリュームもあるのでボーズのパワーアンプなどに接続すると完璧です高額な商品がバカみたいです100万円のアンプも所有してますが最早見栄を張るだけの商品になってしまいましたMMしか使用できませんが優秀なMMならMCカートリッジなどいりません
古いプリメインアンプのフォノ入力不調で、オペアンプを使ったフォノ入力付きプリアンプも所有してるのですが馴染めず購入しました。既出レビューの通りオペアンプではなくトランジスター回路でした。基板が小さいので、器用な人なら他のアンプに組み込みできるかもしれません。音は懐かしいトランジスターフォノイコライザーそのものです。周波数レンジも古いアンプよりよっぽど広いです。MCカートリッジとトランスから入力してますが、ハムノイズは皆無でマッチングも良いです。

Muslady フォノプリアンプ オーディオファイルM/M レベルコントロール』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『Muslady フォノプリアンプ オーディオファイルM/M レベルコントロール』の詳細を見る

Sponsored Links

3位.フォノイコライザーのおすすめ│『BEHRINGER PP400』

フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『BEHRINGER PP400』

数年ぶりに巷で復活しつつあるLPを聴こうと、このプリを購入してみました。
はたして特性はとなると当方の耳では判断がつきにくいので、友人のオ-デオのオ―ソリティの方の超高級システムに接続して試聴しました。
結果から 全て合格の成績を貰ったので安心して今も使っています。DC電源SWがあればと思いますが、値段から欲は言えません。
小型で場所を取らずとても快適に使っています。
長年YAMAHAHA-5を使用していますが、それとの比較です。レコード再生にあまり金銭をつぎ込むほうではないので、ハイエンドマニアのかたには参考にはなりません。今まで聞こえなかったギター弦の微妙なチョーキングが確認できます。因みに、HA-5の状態は正常です。この製品はRIAAイコライザーのカテゴリー属し、役割はカートリッジの信号を補正して次の段へ送り出す音のかなめ部分となります。扱う信号レベルは極小ですからノイズの混入は禁物です。これに付属の電源アダプターはお試し用と考え、お金に余裕のある方は是非12V電池でご使用なさってください。電源ノイズの点では、最高の結果が得られるでしょう。オーディオ用スイッチング電源は秋月のキットなどがあるようです。私は、付属のアダプターで十分満足です。自作派の拘りのある方はトランス降圧でハイリプルリジェクションの3端子レギュレーターなどお勧めします。もちろん平滑コンデンサーは超高価なオーディオ用をふんだんに使用しましょう。

BEHRINGER PP400』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『BEHRINGER PP400』の詳細を見る

4位.フォノイコライザーのおすすめ│『audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ20』

フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ20』

AT-PEQ20の他にAT-PEQ3も手に入れたので、2機種の音質を比較してみました。
システムはプレーヤーとカートリッジがテクニクスSL-10+シュアーM92E、アンプが某オーディオショップ特製の管球式、スピーカーがオーディオプロ・イメージ44です。
まずゲインはAT-PEQ20の方が高く、同じ音圧を得るのにボリュームの位置が低くて済みました。
音色は同一メーカーだけあって似ており、質感や解像度も価格差から想像するほどの違いはありません。
ただ、AT-PEQ20の方が音に厚みと柔らかさがあり、上級機としての格が感じられました。
しかし、クッキリ感ではAT-PEQ3に若干分があり、ボーカルを聴くと肉声感では劣る一方で発声の明瞭さでは勝る印象です。
柔らかさとクッキリ感を両立させるためには、もっと上の価格帯の製品でないと無理なのかもしれませんね。
個人的な好みならAT-PEQ20に軍配を上げますが、MCカートリッジを使う予定がないならAT-PEQ3の方がお得感があります。
100wクラスのプリメインで使用しています。 製品説明ではミニコンポに最適なんて
紹介がありましたがこれで私の感想では十分です。
まぁ私の耳でなんで・・・・オーディオ通の方には笑われるかな?
バブル時代の国産重量級アンプのMM/MC入力が壊れたので買いました。愛用カートリッジがオルトフォンの初代MC30なので少々出力が小さく、本機のMCポジションでは十分な音量が得られず、やはりトランスを経由してつなぐことで、音質的にも好みに近づけることができました。基本的にアンプ内蔵のイコライザー回路より、きめ細かい音が拾えている様子で、安いわりに素性のいい鳴りかたをします。ただし、女性ボーカルとくにソプラノの再生は不得意のようで、少々音が上ずるような傾向がみられました。なので、オペアンプの交換を考えました。いろいろ調べたうえで、評価の高い新日本無線のMUSES01に決めました。確か2個で7000円以下とそう高いものではありません。しかし、その結果は凄かった。アナログが本来得意としている音場感というか空気感の表現において、とんでもない変化が起きました。細かい説明より、とにかくあのLP、このLPと、引っ張り出しては聴き続けることになりました。よい買い物です。

audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ20』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ20』の詳細を見る

Sponsored Links

5位.フォノイコライザーのおすすめ│『ART エー・アール・ティー フォノ・イコライザー・アンプ DJ PRE II 【国内正規輸入品】』

フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ART エー・アール・ティー フォノ・イコライザー・アンプ DJ PRE II 【国内正規輸入品】』

長く真空管のフォノイコライザーアンプを使用してきましたが、どうしてもSNが高く取れず苦労してきましたが、このDJPRE2は何と90dBと驚異の値で、使用するまでは半信半疑でしたが、音出しで即納得でした。テスト用に取りあえずランジバンのトランスを前段(MCカートリッジオルトフォンSPU-A)で使用しましたが、クリアーで躍動感のある音質で、販売価格からの想像をはるかに超え満足しています。triadやpeerlessでの音出しが楽しみです。
今迄真空管フォノイコライザーを使用していましたがMCカートリッジを購入し昇圧をどうしようと考えていた時コレがヒットしました。割と安価でMCにも使えそうだったのとレビュー評価が良かった事です、使っての感想でMMではメリハリがはっきりとして力強くなったと思います(真空管フォノ、内臓フォノに比べて)MCとしては比べる昇圧トランス、MCフォノイコライザーがないので何とも言えませんがフォークギターの音はこちらのカートリッジが好みです、70~80年代のフォーク系ミュージックはこれです。
MCでボリュームを8割位で聞いていますがノイズは気になりません、ハム音もでません。と言う事でとても気に入りましたが残念なのがパワーSWが無くACアダプターを抜くかSW付きのコンセントが必要と言う事です、(星1つマイナスです)後はどれだけもつか耐久性ですね?、そのうち昇圧トランスも検討します。

ART エー・アール・ティー フォノ・イコライザー・アンプ DJ PRE II 【国内正規輸入品】』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『ART エー・アール・ティー フォノ・イコライザー・アンプ DJ PRE II 【国内正規輸入品】』の詳細を見る

6位.フォノイコライザーのおすすめ│『TEAC ステレオプリメインアンプ シルバー A-R630MKII-S』

フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『TEAC ステレオプリメインアンプ シルバー A-R630MKII-S』

オーディオ歴60年超 使用スピーカーヤマハNS-1000 やや古風なデザイン 操作性よし 入力出力系統充実
歪の少ない音色特に高音域の透明感に好感がもてる。バイオリン系の楽器の擦弦楽器特有の音色感が歪なしに聞き取れる
音場の広がり奥行き各楽器等の分離も申し分なし。カルミナブラーナなどの多音源大音量差も伸びやかに再生してくれて
満足。よくまあこの価格で作れるものだ。ちょっとしたコンサートのチケットが1万円の時代に。発熱もあまり気にならないが消費電力200Wは年金生活者にはちょいと気になるところか。  42PP自作アンプではじまったオーディオ遍歴にもそろそろ終止符を打ちそう  H・A
ずっとスピーカーで音は決まると思っていた。スピーカー絶対主義だった。
dalizensor5をdenonrcd-m40というレシーバーで聞いていたが、低音が出すぎるので、低音がよく出るdenonのアンプを避けて、フラット指向のヤマハかティアックを考えて、レビューのいいこれを購入しました。
結果、超大当たりでした。
確かにzensor5のエージングが進んだのもあるでしょうが、低音が低く伸びてややタイトに生まれ変わりました。
それだけでなくボーカルがくっきり生々しく、高音中音が澄みきって綺麗な音が出るようになりました。
そうなるとトータルでの音楽性が素晴らしく、音楽を聞くことがとっても楽しくなってきました。
サブとしてwharfedalediamond210
を追加しましたが、そのパフォーマンスをも完璧に引き出しております。
もうこのアンプは手放せません。
昔からオープンリールデッキなどメカに強いティアックだから、故障にも強いかな?なんて期待しております。
褒めちぎられたレビューを読んでそれなら買ってみようって決めました。ついでにTEACPD-501HRとAX-501もそろえました。スピーカーはPARCAudio8cmWoodConeに載せ替えたビクターのAK-X1ボックスです。最初PD-501とAX-501の組み合わせで聴いたあと、A-R630MKII-Sにつなぎ直して聴き比べてみました。このMKIIで聴く音には艶と豊かさがありました。わたしの耳は、専門なことは聴き分けられませんが、まあいわゆる”音の豊かさ”を感じた次第です。あんなに欲しかった念願のAX-501でしたがなんだか熱が冷めてしまいました。かわいそうなのでまたしばらくして聴きなおしてみようと思います。それと赤ランプが点灯している時はスタンバってる状態なので音はでませんよね。赤ランプが消えてセレクトボタンのいずれかが点灯している状態が、音のでる状態だと思います。

TEAC ステレオプリメインアンプ シルバー A-R630MKII-S』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『TEAC ステレオプリメインアンプ シルバー A-R630MKII-S』の詳細を見る

Sponsored Links

7位.フォノイコライザーのおすすめ│『ONKYO フォノイコライザー MMカートリッジ対応 PE-155(S) /シルバー』

フォノイコライザーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ONKYO フォノイコライザー MMカートリッジ対応 PE-155(S) /シルバー』

他のフォノイコでも同様だと思いますがアースだけでは処理できないノイズもあります。
アンプ・スピーカー(セレクターも含め)との設置位置によりノイズが出ます。
プレーヤーとの間隔は近くても問題なさそうですがアンプやスピーカーとの距離により大きなノイズが出ます。
また、あまり高価なものは必要ないかと思いますがオーディオ専用RCAケーブルをご使用になることをお勧めします。
音質について、いろいろ書かれている方もいらっしゃいますが、私には全く問題ありませんし、良い音だと思います。見た目も悪くないです。欲を言えばMCカートリッジにも対応してると良かったです。

ONKYO フォノイコライザー MMカートリッジ対応 PE-155(S) /シルバー』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『ONKYO フォノイコライザー MMカートリッジ対応 PE-155(S) /シルバー』の詳細を見る

フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りのフォノイコライザーを見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました