【2021年】フラットペダルのおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
フラットペダルのおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビュー・口コミも加えてご紹介します!

Sponsored Links
  1. 1位.フラットペダルのおすすめ│『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 エムティーエフティー [MT-FT] ブラック 左右セット』
    1. フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 エムティーエフティー [MT-FT] ブラック 左右セット』
  2. 2位.フラットペダルのおすすめ│『シマノ PD-GR500 フラットペダル EPDGR500L ブラック』
    1. フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『シマノ PD-GR500 フラットペダル EPDGR500L ブラック』
  3. 3位.フラットペダルのおすすめ│『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 オールウェイズ [ALLWAYS] 左右セット ブラック』
    1. フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 オールウェイズ [ALLWAYS] 左右セット ブラック』
  4. 4位.フラットペダルのおすすめ│『シマノ(SHIMANO) SPDペダル PD-EH500 片面SPD/片面フラット SMSH56クリート付属』
    1. フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『シマノ(SHIMANO) SPDペダル PD-EH500 片面SPD/片面フラット SMSH56クリート付属』
  5. 5位.フラットペダルのおすすめ│『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 アイシーライト [IC-LITE] 左右セット シルバー』
  6. 6位.フラットペダルのおすすめ│『CXWXC 自転車ペダル 9/16インチ シールドベアリング×3個 滑り止め フラットペダル アルミ合金』
    1. フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『CXWXC 自転車ペダル 9/16インチ シールドベアリング×3個 滑り止め フラットペダル アルミ合金』
  7. 7位.フラットペダルのおすすめ│『TIOGA(タイオガ) シュアーフット スリム エンジニアリングプラスチックボディ ブラック』
    1. フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『TIOGA(タイオガ) シュアーフット スリム エンジニアリングプラスチックボディ ブラック』
  8. フラットペダルのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

1位.フラットペダルのおすすめ│『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 エムティーエフティー [MT-FT] ブラック 左右セット』

フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 エムティーエフティー [MT-FT] ブラック 左右セット』

普通の運動靴で乗るならアルミのものより当たりが柔らかくこぎやすいです。また滑りにくいです。その上一般的なアルミのものより軽量です。
ベアリングのごり感を気にしている方がおられるようですが、回したり隙間を確認したところ予圧がかけてあるように思いました。つまり、隙間を0にしてそこからもう少し締め付けてあるようです。予圧をかけることは時々ありますし益もありますのでそのまま乗れば大丈夫だと思います。むしろ、作業員の方が忠実に作業している証拠だと思います。わたしはMKSのものではありませんので確かではありませんが、NTTとよく似た名前のベアリングメーカーの品質管理課に5年程いましたのでデタラメな情報ではないと思います。
mksのホームページにも書いてあります。が最初はゴリゴリ感が少しあるのは理由があります。自分は玉押し調整してからつけましたがメンテしない人はそのまま使ってみてください。内容は下記の通りです。

スムーズに回転しつつ、ガタの無いように調整することが重要となります。
理想的な調整具合はガタがゼロで、球当たりが感じられない状態ではありますが、この状態ではペタル内でのベアリング球の位置にやや遊びがある為、偏磨耗が生じ易く、頻繁な調整を必要とします。

そこでMKSでは再調整までの期間の延長を図るべく、球がややきつめに当たる様に
調整した上で出荷しております。(この当たり具合を「予圧」といいます)
しばらくご使用いただき、初期の「馴染み」が出ればなめらかに回る様になります。

さらにMKSではどの製品もひとつひとつ人の手で最終調整を行い検品をしております。

MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 エムティーエフティー [MT-FT] ブラック 左右セット』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 エムティーエフティー [MT-FT] ブラック 左右セット』の詳細を見る

2位.フラットペダルのおすすめ│『シマノ PD-GR500 フラットペダル EPDGR500L ブラック』

フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『シマノ PD-GR500 フラットペダル EPDGR500L ブラック』

重量533g、まずこれが許容出来る必要があります。ものはガッチリです。ガッチリしたフラットペダルとしてこれ以上望む事はないと思います。さすがシマノですね!踏みしろが広く圧がかかる場所が均等に分散します。これは激しいライドに向く以外にも、長時間乗った時の振動による疲労も分散されるという事で、要するに疲れにくいです。ピンも的確に機能し引き足的に使うのも非常にやりやすく、自分にとってはこんな素晴らしい物はないです。もう少し軽ければ満点ですがこれは長く愛用出来そうです。特に足が大きい人には本当におすすめしたい。
★千キロほど走ったレポ追加。問題は何もありません。足の疲労が相当減ります。本当に素晴らしい!
片面のスペーサーはそのまま、もう片面はスペーサー全抜きにしました。ただし、各面2箇所はネジが凹の中で、2枚のスペーサーのうち薄い方は固着し取れないということがありました。

スペーサーを抜いた面は、スニーカー、運動靴ともに噛みつくような感じで回転の効率がよくなりました。スペーサーそのままの面では、噛みつかないまでも滑らないです。

(以下4か月使用しての追記)
メリットを感じられるのは、特に上り坂です。踏み込むだけでなく、前に蹴る!ことができるため、回転のうちで力を加えられる領域が大きくなります。短い坂で脚力があるならスピードを落とさずに行けます。

靴は特定の場所が削れていきます。特定の靴をこれ用にして、捨てる間際の靴に出番ができました。

耐久性は現状問題ないです。大きいことが災いして、カーブだとたまに地面と擦れて塗装が落ちます。

シルバー、黒に続き2個目のシルバーです。デザインが良く機能に不具合もありません。所有している9台中、3台で使っていますが車体により個性を持たせるためできるだけいろいろなデザインのものを使うようにしているため同じものを買うのは珍しいことなのですがデザインが完成されているからだと思います。元々同じデザイン(原型となったであろう)のセイントも購入検討しましたがあちらは何年たってもキコキコ言う不具合が解消されていないようなので同デザインのこちらで十分と言う判断で買いましたがこちらはキコキコ言ったりしません。

シマノ PD-GR500 フラットペダル EPDGR500L ブラック』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『シマノ PD-GR500 フラットペダル EPDGR500L ブラック』の詳細を見る

Sponsored Links

3位.フラットペダルのおすすめ│『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 オールウェイズ [ALLWAYS] 左右セット ブラック』

フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 オールウェイズ [ALLWAYS] 左右セット ブラック』

主に通勤で使っている12年落ちのGIOS NATURE(シクロクロス)で使うために購入。以前は同じくMKSのBM-7を10年ほど愛用していました。
300kmほど走ってみて思ったことは、とにかく素晴らしいの一言。コレ5000円でいいのか?と思わず言葉が出てしまったほど軽やかに回ります。絶妙なスパイクピン、踏面のアーチ形状もとにかく素晴らしい。
フラットペダル派で、何にしようか迷ってる方、このペダルは本当におすすめです。
とてもよく回るし、踏みやすく靴もしっかり固定されます。
同社ic-liteからの買い替えですが、ic-liteはパターンの関係で
靴が横に滑ることがあるのに対して、まるで吸盤でもあるのかと思う位
しっかりと固定されます。街乗り向けにはちょっと高価に思えますが
買ってみればお値段以上と思えます。

1点だけ注意点を。
多少大きめのペダルのため、意図せずカーブや段差で擦ってしまう事がありました。
その際、擦った個所のピンが抜けてとんでいってしまいました。
交換用のピンが使えるので折れて抜けなくなるよりは飛んで行った方が良いのですが、
気づくとなかったりするので、慣れるまでは要注意です。

MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 オールウェイズ [ALLWAYS] 左右セット ブラック』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 オールウェイズ [ALLWAYS] 左右セット ブラック』の詳細を見る

4位.フラットペダルのおすすめ│『シマノ(SHIMANO) SPDペダル PD-EH500 片面SPD/片面フラット SMSH56クリート付属』

フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『シマノ(SHIMANO) SPDペダル PD-EH500 片面SPD/片面フラット SMSH56クリート付属』

タイトルの補足説明にもなりますが、ピン付きなのでフラット面が滑らない点が特徴です。
SPD以外のシューズを着用した時のグリップ感が、ピンなしのものとは比べものになりません。
…過去に一度でも踏み外した経験をお持ちの人なら分かるはず(笑)
なお、色は黒でもなく一般的なグレーでもありません。クラリスの色に近いと言えなくもありませんが、かなりブルーがかったガンメタです。写真だとわかりづらいですね。
購入する際にクリッカーペダルと悩みましたが、こちらで正解だったと思います。
一番心配していた外しやすさですが、最弱設定にすれば本当に簡単に外すことができます。
ぺダリングで外れることはないですが、信号待ちのため左足を外し、右足をはめたままに残しても少し斜めになると右足も外れてます。自分は初日で設定を若干強く変えました。
ポタリング、輪行、コンビニにお買い物というとき片面フラットはやはり便利です。
いちいちビンディングシューズは履かないでいいですもんね。
週末のサイクリングロードでぶっ飛ばすときはSPD、普段使いはフラットという人には使いやすくオススメできます。

◆6mmレンチで付けられるのも◎
◆カチッカチッとシューズの着脱もスムーなのも◎(付属のマルチは多分使わないです)

これなら納得!満足です。

シマノ(SHIMANO) SPDペダル PD-EH500 片面SPD/片面フラット SMSH56クリート付属』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『シマノ(SHIMANO) SPDペダル PD-EH500 片面SPD/片面フラット SMSH56クリート付属』の詳細を見る

Sponsored Links

5位.フラットペダルのおすすめ│『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 アイシーライト [IC-LITE] 左右セット シルバー』

MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 アイシーライト [IC-LITE] 左右セット シルバー』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 アイシーライト [IC-LITE] 左右セット シルバー』の詳細を見る

6位.フラットペダルのおすすめ│『CXWXC 自転車ペダル 9/16インチ シールドベアリング×3個 滑り止め フラットペダル アルミ合金』

フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『CXWXC 自転車ペダル 9/16インチ シールドベアリング×3個 滑り止め フラットペダル アルミ合金』

開封後の第一印象は
確りとしたケースに梱包されており
中身は想像以上の美しい仕上がり。

乗車時は踏みつけるペダルなのだが
テンションが否応なしに上昇する。

そして手にすると滑り止めピンが
メチャクチャ長い。

他社製品にも滑り止めピン付きが
数多く存在するが圧倒的に長い。
雨天時は未使用ではあるが
接地面が広く設定されており
靴底を確りと固定し全く滑らない。

ビンディング同様にパワーを
逃さないのでスピードも出るし
膝への負担も少なく疲れにくい。

クランクへの設置はペダルレンチが
使えず8㎜の六角棒レンチが必要。
シマノのプレミアムグリスを
ネジ部へ薄く塗って取り付けると
ある程度のトルクは掛けれる。

値段が安いのであまり期待せず買ったら、実物見たらビックリするくらいのクオリティ高いモノで大変いい買い物をしました!!ペダル面が大きく靴のサイズ27.5の当方でも靴裏よりまだペダルのが大きいぐらいで、初めての感覚でしたが物凄くこぎやすいです。マウンテンバイクに装着しましたが、リピ買いは間違いないですね
作りが良いし、六角レンチで取り付けなので簡単。
幅が広く、靴にピンがしっかり食い付く感じがする。
滑り止めピンの中に緩みがあるのが見られるので星型レンチで締め付けました。
この値段と見た目、機能を考えたら満足です。

CXWXC 自転車ペダル 9/16インチ シールドベアリング×3個 滑り止め フラットペダル アルミ合金』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『CXWXC 自転車ペダル 9/16インチ シールドベアリング×3個 滑り止め フラットペダル アルミ合金』の詳細を見る

Sponsored Links

7位.フラットペダルのおすすめ│『TIOGA(タイオガ) シュアーフット スリム エンジニアリングプラスチックボディ ブラック』

フラットペダルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『TIOGA(タイオガ) シュアーフット スリム エンジニアリングプラスチックボディ ブラック』

幅の広いペダルは多くあるが、前後長さもあるモノはとても少ない。
オンロード使用だが足を固定しなくても多少荒れた道でも問題ない。
ヒルクライムはビンディングの方が効率よいと思う。
踏んでも中央が沈んでいる作りとは感じさせずに、ピンとともに安定に一役買っている。
このサイズのこの値段のペダルしては軽い作りで、ベアリングもスムース

追記
信号待ちの停車中にクランクを空転させたところ、縁石にペダルが当たった。
その衝撃でリフレクターの差し込み部分が折れて壊れてしまった。
ペダルを薄くするため、細い差し込み構造のリフレクターはぶつけやすく壊れやすい。

他を使ったことはありませんが、純正のペダルからこれに変えました。
純正ペダルだとトゲトゲが小さく段差などで足がずれてしまっていましたが、
これに変えてからそんなことなくなりました。
速度がでたときの段差が以前は怖かったのですが、これで安心です。
1000キロほど走ってますが足がずれてたことはまだありません。
逆に一度踏み始めると足の位置をかえづらくなるため、乗る際にはわりと気をつかいます(ビンディングのはめる感覚はこんな感じなんでしょうかね
あとは、面が広いおかげか、足がずれない安心感からか、明らかに速度があがりました。
反射板はつけずに使ってます、無骨な感じで気に入ってます。

TIOGA(タイオガ) シュアーフット スリム エンジニアリングプラスチックボディ ブラック』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『TIOGA(タイオガ) シュアーフット スリム エンジニアリングプラスチックボディ ブラック』の詳細を見る

フラットペダルのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

フラットペダルのおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りのフラットペダルを見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました