【2021年】ヘッドシェルのおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
ヘッドシェルのおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビュー・口コミも加えてご紹介します!

Sponsored Links
  1. 1位.ヘッドシェルのおすすめ│『ortofon SH-4 Black ヘッドシェル オルトフォン』
    1. ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ortofon SH-4 Black ヘッドシェル オルトフォン』
  2. 2位.ヘッドシェルのおすすめ│『山本音響工芸 カーボンファイバーヘッドシェル HS-4 HS-4』
    1. ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『山本音響工芸 カーボンファイバーヘッドシェル HS-4 HS-4』
  3. 3位.ヘッドシェルのおすすめ│『オーディオテクニカ ヘッドシェル【シルバー】audio-technica AT-HS10-SV』
  4. 4位.ヘッドシェルのおすすめ│『スペック MM型カートリッジ(ヘッドシェル付き)SPEC+ AP-CS1』
    1. ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『スペック MM型カートリッジ(ヘッドシェル付き)SPEC+ AP-CS1』
  5. 5位.ヘッドシェルのおすすめ│『audio-technica ヘッドシェル [MG-10]』
    1. ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『audio-technica ヘッドシェル [MG-10]』
  6. 6位.ヘッドシェルのおすすめ│『山本音響工芸 アフリカ黒檀製ヘッドシェル HS-1AHS-1A』
    1. ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『山本音響工芸 アフリカ黒檀製ヘッドシェル HS-1AHS-1A』
  7. 7位.ヘッドシェルのおすすめ│『』
    1. ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『』
  8. ヘッドシェルのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

1位.ヘッドシェルのおすすめ│『ortofon SH-4 Black ヘッドシェル オルトフォン』

ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ortofon SH-4 Black ヘッドシェル オルトフォン』

前回、購入時に品質が良いのにオーディテクニカの同種シェルより安価で、とても良いと投稿したら、しばらくして値段が
500円以上(2割近く)値上がりしたので、売値を前に戻してほしいと思います。
ほとんどの国産品より安価な舶来品ですが、さすが名門オルトフォン、作りがしっかりしていてチープさは微塵もありません。
カートリッジはオーディオテクニカAT-MONO3/LPですが、勿論何の問題もなく取付られました。
指かけの使い勝手も良好です。

ortofon SH-4 Black ヘッドシェル オルトフォン』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『ortofon SH-4 Black ヘッドシェル オルトフォン』の詳細を見る

2位.ヘッドシェルのおすすめ│『山本音響工芸 カーボンファイバーヘッドシェル HS-4 HS-4』

ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『山本音響工芸 カーボンファイバーヘッドシェル HS-4 HS-4』

ヘッドシェルが、カートリッジに与えてくれる「音質」「トレース能力」その他・諸々の影響を、好影響として聴き手に納得させてくれる「カートリッジ」の一つに数えられる。
友人がオーディテクニカのカートリッジで比較試聴させてくれて、ビックリ。早速購入。
シュアM97を搭載。特に中低音の輪郭がはっきりして、解像度UP。クラッシック向きかな。
M44では有難味を感じなかった。
お気に入りのカートリッジ「AT-150MLX」を取り付け、早速レコードをPLAY!
これまで使っていた同メーカーの「ツゲ材製ヘッドシェルHS-3」では少々高音域偏重だったのに比べ、
この「カーボンファイバーヘッドシェルHS-4」に変えたらよりバランスよくフラットになったなと思いました。
何かと繊細なクラシック音楽によく対応できます。
ヘッドシェルまで音質に関わってくるアナログオーディオの奥の深さを改めて感じました。

山本音響工芸 カーボンファイバーヘッドシェル HS-4 HS-4』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『山本音響工芸 カーボンファイバーヘッドシェル HS-4 HS-4』の詳細を見る

Sponsored Links

3位.ヘッドシェルのおすすめ│『オーディオテクニカ ヘッドシェル【シルバー】audio-technica AT-HS10-SV』

オーディオテクニカ ヘッドシェル【シルバー】audio-technica AT-HS10-SV』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『オーディオテクニカ ヘッドシェル【シルバー】audio-technica AT-HS10-SV』の詳細を見る

4位.ヘッドシェルのおすすめ│『スペック MM型カートリッジ(ヘッドシェル付き)SPEC+ AP-CS1』

ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『スペック MM型カートリッジ(ヘッドシェル付き)SPEC+ AP-CS1』

音質については、個人差が大きいと思います。特にカートリッジが拾う音については、数十万円のものから今回購入したもののように廉価なものまでそれぞれに特徴があると思います。オーディオ評論家諸氏の評価は、決まって高価なものに集中しています。当然といえば当然のことです。所得の低い私などには高嶺の花で手が出ません。ところがスペックのカートリッジは、価格の割には高音から低音まで忠実に再現してくれるようです。評論家の意見などは参考程度にして、自分に合った音を再現するカートリッジを選択した方が良いと思うのですが、いかがでしょうか。
オーディオテクニカのMMタイプに似た音です。ワイドレンジで伸びやか。癖が少なく基本的に気持ちのいい音ですが、トラッカビリティに難があるかもしれません。一部のレコードで音飛びがあったのです。針圧は3gかけているのですが、あるいはアームとの相性が良くないことも考えられます。(うちのアームはどちらかというと軽針圧向き。)もう少し使い込んで印象が変わったら追加レビューをしたいと思います。
追記2020.01.01
その後別の重針圧向きアームで使ったところ、針飛びは起こりませんでした。音質はほんの少し腰高で硬質な感じもありますが、ピアノ強打音の再生でもビリつきがほとんど出ず、しばらく使い続けているとどんどん音がよくなってきました。スピード感、音離れの良さ、爽快感が特徴と思います。シェル込み7千円のカートとしては合格点を悠々クリア、今はハイCPの優秀機と判断しています。特に昔の埃っぽいナローレンジ録音も現代録音に近い感じで気持ち良い音で聞けたりするのが素晴らしい。ちなみにシェルは木製の別のを使っていますが、本機付属のシェルもルックスよし、軽量で使い勝手よし、音質も明るく抜けのいいものです。カートとの相性等で重宝する場面もあるかと思います。
初めて聞くメーカーだったので少々不安でしたが問題ありませんでした。音質に付いては高級カートリッジを所持していないので何とも言えないですがメリハリのしっかりした低音が気持ちいいです。コストパフォーマンスがとてもいいのでビギナーにわうってつけかと?☺️

スペック MM型カートリッジ(ヘッドシェル付き)SPEC+ AP-CS1』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『スペック MM型カートリッジ(ヘッドシェル付き)SPEC+ AP-CS1』の詳細を見る

Sponsored Links

5位.ヘッドシェルのおすすめ│『audio-technica ヘッドシェル [MG-10]』

ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『audio-technica ヘッドシェル [MG-10]』

タイトルでメリットはほぼ言ってしまってますが、軽いヘッドシェルは軽いカートリッジや
アームと組み合わせれば高域をよく拾います。(勿論極端にやるべきではありませんが)
私はGRADOのPrestigeSilver1にて使用しておりますが、繊細なGRADOカートリッジを
しっかり保持してくれます。

追記:年代は分かりませんが、古い同一型番の個体を入手しました。
昔はシェル側の端子が色分けされていたみたいです。性能はほぼ一緒と考えて良いと思います。
値上げはしてるようですが、70年代から続く商品ですのでむしろ、それだけ人気商品なのでしょう。
買って損のないシェルだと思います。
高いヘッドシェルもありますし、デザイン製はあまり良くありませんが。質実剛健であると思います。

 ハイコンプライアンス型の軽針圧カートリッジのDENONDL-305,DL-S1,DL-301II,SHUREV15typeVxmR用に購入しました。軽いがしっかりしたつくりで、鳴きが少ないと思います。フィンガー・アームには弾性のプラスチック加工がしてあります。三個目の購入です。
 始めて購入した時には、どこにねじが収納されているか見落とし、思わずメーカーに電話するところでした。容器の紙箱の内側に引き出しのタブがありますので引き出すと、ヘッドシエル台の裏側に収納されています。ねじは長さの違うものが多種類付属しています。細かなオーバーハングの調節は出来ませんが、ねじ位置の選択で最適のところを選べば十分です。
 精密なオーバーハングの調整が必要なときにはDENONPCL-300が中古市場で入手可能ならお勧めです。

audio-technica ヘッドシェル [MG-10]』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『audio-technica ヘッドシェル [MG-10]』の詳細を見る

6位.ヘッドシェルのおすすめ│『山本音響工芸 アフリカ黒檀製ヘッドシェル HS-1AHS-1A』

ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『山本音響工芸 アフリカ黒檀製ヘッドシェル HS-1AHS-1A』

同社のHS-3に比較して管楽器の音が煌びやかに感じ乾いた明るい音?好みは人によって違うと思いますが本品は管楽器主体の曲でHS-3は弦楽四重奏なんかに良いかなと思います。
どちらもそれぞれ特徴的な音で、出来ればどちらも購入して好みで使いわければ楽しく音楽ライフを送れると思います。
アームが「マイクロMA-505」カートリッジが「audio-technicaAT-F7」リード線「ウェスタンエレクトリック」で使用しています。木製なので柔らかな音質なような気がします。ただし軽すぎるので別売りの「山本音響工芸カートリッジ固定ボルト真鍮製」を使って調整しています。
これまではセラミック製のシェルを使っていましたが、音が硬くてピアノの高音域で、何か金属的な響きになるのが耳につき始め、本製品を試してみました。最初は木製のシェルなんか材質の柔らかさから、ハイカット・ローブーストの音になるのではないかと心配していましたが、その心配は見事に裏切られました。全帯域をフラットに出してくれ、金属シェルより柔らかな再生音です。満足しています。

山本音響工芸 アフリカ黒檀製ヘッドシェル HS-1AHS-1A』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『山本音響工芸 アフリカ黒檀製ヘッドシェル HS-1AHS-1A』の詳細を見る

Sponsored Links

7位.ヘッドシェルのおすすめ│『』

ヘッドシェルのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『』

アマゾンさんで買ったのですが、後で見たら楽天ではさらに3000円近く安価だったのにはショック。

さて本筋の音質ですが、ちょっと思っていた音とはちがっていました。
少し中高域に独特のキャラを感じました。
このシェルが曲者では無いかと・・・・アームに取り付けて指掛に触れると、私の環境の場合、さわさわと鳴くのが聞こえます。
おそらくこのシェルは特定の音域で鳴いている(共振してる)のでは無いか?と疑うことに・・・・・

で・・・・・

今はその赤いシェルを止して、PL-50LIIに付属してきたストレートアームに取り付けて聴いています。
これでちょっと落ち着いた感じになった気がします。

大昔、Audio-technicaのシェルで同じ経験をしたことがあります。
その時は薄いペナペナな指掛けを接着剤で盛り上げて共振を止めた結果、すごく音が良くなった経験をしたことがあるのです。
余談ですが、最近のAudio-technicaの同じデザインのシェルは対策されて、肉の厚いものになっていますね。

オルトフォンはしばらく使ってなかったが、限定モデルなので思わず買いました。
ヘッドシェル付きで少しオーバーハングの調整で使用できました。
現在オーディオテクニカのMC型を使っていますが、中高音が少し薄いかなという
感じで値段の割にはいい感じでバランスが取れています。
MMなので使いやすいものいいです。

』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『』の詳細を見る

ヘッドシェルのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

ヘッドシェルのおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りのヘッドシェルを見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました