【2020年】実体顕微鏡のおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

今回は、Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
実体顕微鏡のおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビューも加えてご紹介します!

Sponsored Links
  1. 1位.実体顕微鏡のおすすめ│『BaoMic 実体顕微鏡(双眼)LED照明 対物レンズ倍数0.7X-4.5X SZM-41』
    1. 実体顕微鏡のおすすめレビュー│『BaoMic 実体顕微鏡(双眼)LED照明 対物レンズ倍数0.7X-4.5X SZM-41』
  2. 2位.実体顕微鏡のおすすめ│『Nomeo デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大600倍率 HD 360万画素 吸盤式・昇降スタンド式』
    1. 実体顕微鏡のおすすめレビュー│『Nomeo デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大600倍率 HD 360万画素 吸盤式・昇降スタンド式』
  3. 3位.実体顕微鏡のおすすめ│『SWIFT 双眼実体顕微鏡 立体顕微鏡 金属製』
    1. 実体顕微鏡のおすすめレビュー│『SWIFT 双眼実体顕微鏡 立体顕微鏡 金属製』
  4. 4位.実体顕微鏡のおすすめ│『AOMEKIE 顕微鏡 実体顕微鏡 マイクロスコープ 20倍 40倍 学生顕微鏡 子供 昆虫 標本 両眼』
    1. 実体顕微鏡のおすすめレビュー│『AOMEKIE 顕微鏡 実体顕微鏡 マイクロスコープ 20倍 40倍 学生顕微鏡 子供 昆虫 標本 両眼』
  5. 5位.実体顕微鏡のおすすめ│『Nikon ネイチャースコープ ファーブルミニ』
    1. 実体顕微鏡のおすすめレビュー│『Nikon ネイチャースコープ ファーブルミニ』
  6. 6位.実体顕微鏡のおすすめ│『デジタル顕微鏡 マイクロスコープ 最大1000倍率 1年保証 WIN7/10対応 720P画面 360万画素』
    1. 実体顕微鏡のおすすめレビュー│『デジタル顕微鏡 マイクロスコープ 最大1000倍率 1年保証 WIN7/10対応 720P画面 360万画素』
  7. 7位.実体顕微鏡のおすすめ│『デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大1000倍率 HD 360万画素 昇降スタンド式 LED搭載』
    1. 実体顕微鏡のおすすめレビュー│『デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大1000倍率 HD 360万画素 昇降スタンド式 LED搭載』
  8. 実体顕微鏡のおすすめ人気ランキング│まとめ

1位.実体顕微鏡のおすすめ│『BaoMic 実体顕微鏡(双眼)LED照明 対物レンズ倍数0.7X-4.5X SZM-41』

実体顕微鏡のおすすめレビュー│『BaoMic 実体顕微鏡(双眼)LED照明 対物レンズ倍数0.7X-4.5X SZM-41』

これまで、短焦点なビクセンの単眼鏡を卓上マイクスタンドにつけて使っていましたが、作業対象の部品が0.3mmx0.6mmとなり倍率が足りなくなり作業が難しくなったので購入しました。 ハンダコテを当てられるだけのワーキングディスタンスもありますし、想像していたよりも被写震度が深く部品の浮き具合とか傾きが立体的に見えるのですぐ慣れて楽に作業できるようになりました。 連続でズーム倍率を可変できるので対象となる部品に応じた最適倍率にできて非常に快適です。 鏡筒がまっすぐな立体顕微鏡もありますが、俯角45度の楽な姿勢で長時間覗けるのは重要なことだと使ってみて判りました。 ワークテーブルが平面なのもこの作業には有難いですね、奥に支柱があるので観れる板のサイズに制限はありますがガジエットの基板等なら十分な広さがあります。 価格以上と満足できるほどに十分にしっかりした構造です。 連続で明るさを変えられるリングライトも基板程度なら反射光が目に入りにくく見易さに一役かっています。 倍率を上げると基板のレジストの厚みやシルク印刷文字の厚みが盛り上がって棚田のように立体的に見えるので、透明なクラックスケールと併せて使うことで板面の仕上げ状態チェックにも活躍しています。
以前から使っているホーザンの実体顕微鏡の後継として購入しました。
用途は手作業による基板への部品実装と基板チェックです。
手持ちの実体顕微鏡は、今商品ページに載っているものより古いタイプで、
それと比較すると、こちらの方が基板を置く部分の奥行きがあり、より大きい基板を見ることができます。
心配していたレンズの質は遜色なく、スマホで撮影したときの視野の欠けがなかったことが予想以上でした。
古いホーザンの実体顕微鏡を使ってスマホで撮影しようとするとどうしても視野の半分くらいしか映りません。
スマホクランプとEoogere7インチマジックアーム&スーパークランプの組み合わせ(左の写真)がスマホで撮影にはお勧めです。

BaoMic 実体顕微鏡(双眼)LED照明 対物レンズ倍数0.7X-4.5X SZM-41』の詳細はこちら↓

『BaoMic 実体顕微鏡(双眼)LED照明 対物レンズ倍数0.7X-4.5X SZM-41』を見る

2位.実体顕微鏡のおすすめ│『Nomeo デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大600倍率 HD 360万画素 吸盤式・昇降スタンド式』

実体顕微鏡のおすすめレビュー│『Nomeo デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大600倍率 HD 360万画素 吸盤式・昇降スタンド式』

ピントも合わせやすくとても良い顕微鏡でした。充電してしまえばどこへでも持ち運びができるので便利です。画質も美しく満足です。解像度は1080pで詳細に見えます。取り付け台は金属製の物がピント合わせがしやすく便利です。子供の勉強や、仕事でちょっとした物を拡大したいときに便利です。アプリはダウンロードのものより、windows10標準カメラアプリを使った方が使いやすいです。
小学生の時から、微生物などを観察するのが大好きでした。こんなに手ごろな値段で顕微鏡が手に入るのならと、試しに購入してみたのですが、戸ても操作が簡単なのでいろいろなものを観察してみたくなりました。
以前、ポーラ化粧品の従業員さんに、お肌の調子をチェックしてもらっていたのですが、これなら自分で見てみることができ、変化を楽しむことができそうです。歯医者さんで見せてもらった、口の中の細菌も、これで見てみたくなりました。
お子様の自由研究にも大活躍してくれそうな商品ですね。ただ、倍率が変えられないことと、手元のスイッチだけでなく、別の方もおっしゃっていたように、リモコンなどで、写真撮影のボタンを押せるといいと思いました。
一年間の保証もついていますし、日本語の説明書もついているので、これからも楽しみに使わせていただきます。
理科が大好きな息子に強請られました。
顕微鏡なのでもっと何万もするかと思いましたが意外に安くて
勉強の一環になればと思い思い切って購入しました。
商品紹介にあった通り、葉っぱや硬貨を観察してみましたが、他にも肌や頭皮なども観察して家族で楽しめました。
顕微鏡と言えば観察対象の物を固定しなければ観察出来ないという固定概念でしたがこれなら色々なものを拡大してみることが出来て本当に面白いですね。
しかも撮影して保存ができるというところもビックリです。
このクオリティでこの価格は、購入して大正解だと思います。

Nomeo デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大600倍率 HD 360万画素 吸盤式・昇降スタンド式』の詳細はこちら↓

『Nomeo デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大600倍率 HD 360万画素 吸盤式・昇降スタンド式』を見る

Sponsored Links

3位.実体顕微鏡のおすすめ│『SWIFT 双眼実体顕微鏡 立体顕微鏡 金属製』

実体顕微鏡のおすすめレビュー│『SWIFT 双眼実体顕微鏡 立体顕微鏡 金属製』

金属製でしっかり作られています。適度な重さで観察が安定します。値段の割に良くできいます。
プレパラートだけでなく、見たいものを直接ステージにおいても観察できるところです。
顕微鏡の活用範囲をものすごく広げて嬉しいです。
ポールでヘッドを上下移動はとても便利で、光源も付いているし暗いところでも簡単に使えます。左右それぞれに視度調整が出来るので左右で視力が違っても補正できると思います。
想像していたよりも基板やシルク印刷文字がて立体的に見える、傾きが立体的に見えるのですぐ慣れて楽に作業できるようになりました。 
鏡筒がまっすぐな実体顕微鏡もありますが、俯角45度の楽な姿勢で長時間覗けるのはどれほど大切なことだと使ってたらわかりました。 
価格以上と満足できるほどに十分にしっかりした構造です。

SWIFT 双眼実体顕微鏡 立体顕微鏡 金属製』の詳細はこちら↓

『SWIFT 双眼実体顕微鏡 立体顕微鏡 金属製』を見る

4位.実体顕微鏡のおすすめ│『AOMEKIE 顕微鏡 実体顕微鏡 マイクロスコープ 20倍 40倍 学生顕微鏡 子供 昆虫 標本 両眼』

実体顕微鏡のおすすめレビュー│『AOMEKIE 顕微鏡 実体顕微鏡 マイクロスコープ 20倍 40倍 学生顕微鏡 子供 昆虫 標本 両眼』

アイピースはスリーブにさしこんであるだけでユルユルです。胴にマスキングテープを半周ほど巻いて半固定状態にすると、左右の視度差の調整もできるようになります。LEDは一応ついていますが40倍では暗いです。ペンライト等でカバーしてやる必要があります。でもちゃんと見えますよ!特に20倍のアイピースは良く見えます。(逆に10倍はもう少し・・・)子供にプレゼントする前にお父さんがしっかり手を入れてあげましょう。お勧めです。
子供の自由研究用に購入しましたが、それにしてはかなり本格的な顕微鏡でした。
子供が使用するうえでも使い方がとても簡単でサイズ感もしっかり合わせられます。
まだ簡単な動作しか試せてませんが、それでも十分満足できる商品です。
今後は自分自身も使ってみようと思います。
機能性的にとても安価なのでおすすめです。
とにかく安い!この値段でこれだけ見えれば文句無い。(手持ちの虫入り琥珀やら水晶のクラスタやら見て楽しんでます)
確かに造りはプラプラだし、軽すぎてちょっと引っ掛けたらコケそうだけど、遠慮無く使い倒しましょう。
壊れたら、また買えば良いじゃないですか。(所謂、高級品の半額以下ですもの)
私は外へ持ち出すためのボックスを工夫しようと思います。

AOMEKIE 顕微鏡 実体顕微鏡 マイクロスコープ 20倍 40倍 学生顕微鏡 子供 昆虫 標本 両眼』の詳細はこちら↓

『AOMEKIE 顕微鏡 実体顕微鏡 マイクロスコープ 20倍 40倍 学生顕微鏡 子供 昆虫 標本 両眼』を見る

Sponsored Links

5位.実体顕微鏡のおすすめ│『Nikon ネイチャースコープ ファーブルミニ』

実体顕微鏡のおすすめレビュー│『Nikon ネイチャースコープ ファーブルミニ』

鏡頭、スライダーギア、三脚ねじ受け、両サイドのストラップ穴以外は
すべてプラスチックで徹底した軽量化をはかっています

なのに下部には三脚うけもあり、よく考えられています。

フィールドではよく両サイドのストラップ穴につけたストラップで
首からぶらさげ、三脚を展開した状態で歩き回っている人をみかけます。

海外の同業者にはもっともうらやましがられる逸品です。

倍率の高い実体顕微鏡に比べると簡易的ですが、物凄くコンパクトなので利便性が素晴らしいです。
ただ、最初に付いているライトの電球は1時間しか電池が持たないので、LED豆電球に交換した方がいいです。
子供も扱いやすく喜んでいます。

Nikon ネイチャースコープ ファーブルミニ』の詳細はこちら↓

『Nikon ネイチャースコープ ファーブルミニ』を見る

6位.実体顕微鏡のおすすめ│『デジタル顕微鏡 マイクロスコープ 最大1000倍率 1年保証 WIN7/10対応 720P画面 360万画素』

実体顕微鏡のおすすめレビュー│『デジタル顕微鏡 マイクロスコープ 最大1000倍率 1年保証 WIN7/10対応 720P画面 360万画素』

SMDの半田付けをするために買いました。
添付写真は、最小倍率と最大倍率で定規(1mmピッチ)を撮影したものです。
最小倍率で横幅12mm、最大倍率で横幅2mmが入ります。
ディスプレイの横幅が実測95mmなので、割り算して標記の倍率になります。
横幅2mのディスプレイに写せば、謳い文句の1000倍になりますね。

肝心のSMDの半田付けは一応可能でしたが、画質や作業性は光学式の実体顕微鏡に数段劣ります。
最小倍率でも視野が狭く、また細かいところを見るには顕微鏡を近づけて倍率を上げる必要があります。
とはいえ、値段は数分の1なので文句は言えないです。

 取説は日本語対応していませんが、さほど複雑ではないので英語のところを読んでなんとなく使えます。画面表示は最初から日本語に設定してありました。

 PC用のソフトウェアがCD-ROM,それもシングルサイズ。久しぶりにこのサイズを見ました。ドライブが無いので当面保留。ダウンロードで対応するか、画像記録にminiSDを必要とするのでそれを付属にした方が現実的かと思います。画像をminiSDに取り込んでPCに移すならソフトはいらないかも。

 画質は他と比べたわけではないですが、充分満足。
 被写体との距離が倍率という考え方ですので拡大するには近づける必要があります。

 部分ズームがあればと感じましたが、この価格で望む物でもないでしょう。
 質感は価格相応と感じます。ピント合わせ時にぐらぐらしますので、慣れは必要です。

購入することにしました。
一日光学顕微鏡を使用すると、首や背中に痛みが生じます。
私の目も緊張し、それが私の視力をぼやけさせます。
新しいものを使用すると、上記の問題が解決されるだけでなく、写真を撮って拡大画面を大きなスクリーンで見ることができます。

素晴らしい商品です!
デジタル顕微鏡は昔より所有しやすいだろうとは思わなかった。

デジタル顕微鏡 マイクロスコープ 最大1000倍率 1年保証 WIN7/10対応 720P画面 360万画素』の詳細はこちら↓

『デジタル顕微鏡 マイクロスコープ 最大1000倍率 1年保証 WIN7/10対応 720P画面 360万画素』を見る

Sponsored Links

7位.実体顕微鏡のおすすめ│『デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大1000倍率 HD 360万画素 昇降スタンド式 LED搭載』

実体顕微鏡のおすすめレビュー│『デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大1000倍率 HD 360万画素 昇降スタンド式 LED搭載』

仕様には「倍率:1~1000倍」とあり、商品説明には「ミルクな世界を美しく拡大!写真動画の撮影可能!
●600倍まで拡大でき、被写体の細部まで鮮明に見ることができます。」とあります。
が、実際には7倍から23倍程度の倍率でしか使えないと思います。
倍率の設定ができるのであれば教えて欲しいです。取扱説明書にも記載はありませんでした。

倍率については嘘だと思いますが、機能的には大変使いやすく、
面白い商品です。なんといっても安い。
写真の取れる虫眼鏡といったところでしょうか。

すぐ組み立てて使ってみました。まず日本語の取説があって嬉しかったです。最近買った商品は日本語の取説が入っていないものが続いていたもので。値段からしてあまり期待をしていなかったのですが裏切られました。組み立て簡単。画像も綺麗。それと正転画像なのも嬉しかったです。これなら他の人にも薦められます。

デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大1000倍率 HD 360万画素 昇降スタンド式 LED搭載』の詳細はこちら↓

『デジタル顕微鏡 4.3インチ液晶 最大1000倍率 HD 360万画素 昇降スタンド式 LED搭載』を見る

実体顕微鏡のおすすめ人気ランキング│まとめ

実体顕微鏡のおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りの実体顕微鏡を見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました