【2021年】クロスバイクタイヤのおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
クロスバイクタイヤのおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビュー・口コミも加えてご紹介します!

Sponsored Links
  1. 1位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『IRC JETTY PLUS 700X28C HP89 ブラック 190321』
    1. クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『IRC JETTY PLUS 700X28C HP89 ブラック 190321』
  2. 2位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『SERFAS(サーファス) ロードバイク/クロスバイク用タイヤ セカ 700X28C ブルー 728039』
    1. クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『SERFAS(サーファス) ロードバイク/クロスバイク用タイヤ セカ 700X28C ブルー 728039』
  3. 3位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『タイヤとチューブ2本セット Continental(コンチネンタル) ウルトラスポーツ』
    1. クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『タイヤとチューブ2本セット Continental(コンチネンタル) ウルトラスポーツ』
  4. 4位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『2本セット Continental(コンチネンタル) UltraSport2 オレンジカ』
    1. クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『2本セット Continental(コンチネンタル) UltraSport2 オレンジカ』
  5. 5位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『シマノ ホイール WH-R501 前後 ブラック 31285』
    1. クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『シマノ ホイール WH-R501 前後 ブラック 31285』
  6. 6位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×28C] パセラ ブラックス』
    1. クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×28C] パセラ ブラックス』
  7. 7位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×23C] クローザープラス』
    1. クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×23C] クローザープラス』
  8. クロスバイクタイヤのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

1位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『IRC JETTY PLUS 700X28C HP89 ブラック 190321』

クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『IRC JETTY PLUS 700X28C HP89 ブラック 190321』

パナのパセラからの交換用に購入しました。まだ一週間ほどの使用なので耐久性はわかりませんが、パセラよりしっかりした造りを感じました。装着して初めて走ったのが雨の日だったのですが滑らなかったです。
振動吸収などの乗り心地は一番良いのはミシュランだと感じましたがシュワルベよりソフト、パナより安定感あり。
国産で¥1200でしっかりした物なので次回も¥1500以内で販売していたらリピートしたいと思います。
あ、白いタイヤはアスファルトなどの黒い汚れが目立ってきちゃいますよ。
2016ARAYADiagonaleに取り付けました。
走行感は軽くはありませんが重くもなく、20km/h超えると失速気味だったIRCMETROより好印象です。
ケーシングがしっかりしてそうなわりに乗り心地は悪くありません。グリップもそこそこで、フツーに使えます。
耐久性は期待できないかもしれませんが、この価格なら2年もてば十分かと思います。

[追記]
半年ほど使ってみた印象です。廉価ながらフツーに使えていて、不都合はありません。
ただし機会は少ないながら、下記が気になります。
・急坂を下るなど速度が増したとき(推定35km/h以上)、接地感が希薄に。
・気温10℃以下だと強風でかなりフラつく。15℃以上だとそうならない。
・気温10℃以下だと少し砂利が浮いた路面でザッと滑る。15℃以上では滑りにくい。
ビギナーにはあまり向いておらず、割り切って使う分には良いタイヤだと思います。

IRC JETTY PLUS 700X28C HP89 ブラック 190321』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『IRC JETTY PLUS 700X28C HP89 ブラック 190321』の詳細を見る

2位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『SERFAS(サーファス) ロードバイク/クロスバイク用タイヤ セカ 700X28C ブルー 728039』

クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『SERFAS(サーファス) ロードバイク/クロスバイク用タイヤ セカ 700X28C ブルー 728039』

2017年半ばに二本セットで購入しました。
今回2018年11月に後輪だけ交換したのですが、どうも前輪の古い方と青いストライプの太さが全然違うように見えます。
個体差なのか、製造時期の違いによるものなのか。
セットで買ったときのものはここまで差はなかったような気がします。古いタイヤを処分してしまったので比較できないのが惜しい。

タイヤとしての性能は特に申し分ありません。
グリップ良好、重くもなく装着しやすく、それにこの価格帯130psiという高圧対応タイヤというのは他になかなかありません。
カラーストライプは目を引きますし全体のデザインもなかなかのものだと思います。
公称値は28Cですが、実測での幅は22mmワイドリムホイールへの装着、100psiで2017年購入のものが実測で30mm、2018年購入のものが29mmでした。幅の違いが個体差か経年劣化によるものかは謎ですが、フレームなどへの干渉には要注意です。

自分が思ってた通りの商品でした。
まず買おうと思ったわけはとにかくかっこよかったからですね。赤い線が二本入ってるので、私の黒赤ロードバイクにはピッタリでした。
タイヤにハマるのも、そんなに難しくないし、素人の私でも40分ほどで前輪後輪どちらも交換できました。走り心地も良く、とてもスピードが出ます。見た目も最高で、いうことなしです
今回2回目の購入 前回はほぼ3年間 3000km以上走行しました 経年劣化はほとんどありませんが釘の踏みつけで接地面にキズが入ったので再度購入です。  タイヤ圧は130psiですが、街乗りでは90psiくらい丁度よいと思います。 コスパも優れているのでお勧めのタイヤです

SERFAS(サーファス) ロードバイク/クロスバイク用タイヤ セカ 700X28C ブルー 728039』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『SERFAS(サーファス) ロードバイク/クロスバイク用タイヤ セカ 700X28C ブルー 728039』の詳細を見る

Sponsored Links

3位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『タイヤとチューブ2本セット Continental(コンチネンタル) ウルトラスポーツ』

クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『タイヤとチューブ2本セット Continental(コンチネンタル) ウルトラスポーツ』

はっきり言って細かいことはよくわかりません。
自分はルック車に着けたんですが、最初に着いてたKENDAのタイヤより明らかに曲がる時のグリップが変わりました。
最初は溝もうっすらしかないし、トレッドも溝ないしペラペラで裏がパキパキツルツルなタイヤで失敗したかと思ってました。
折り畳みのタイヤは初めてではめるのに苦労しました。初めてレバー使ったかも。
チューブがダメとか有りますが、自分は問題ありませんでした。
自分が買った28Cの空気圧は5,5/8,0BAR80/115PSIでした。適当に入れて使ってます。
安いんで、ダメになったらまた買おう、買って置こうでいいと思います。
自転車を購入時に装着されていたタイヤですが、想像していた値段より安価に購入出来ました。装着も問題なくスムーズに完了し50km程度走行しましたがエアが抜ける事もなくありません。次もリピートすると思います。

タイヤとチューブ2本セット Continental(コンチネンタル) ウルトラスポーツ』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『タイヤとチューブ2本セット Continental(コンチネンタル) ウルトラスポーツ』の詳細を見る

4位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『2本セット Continental(コンチネンタル) UltraSport2 オレンジカ』

クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『2本セット Continental(コンチネンタル) UltraSport2 オレンジカ』

リチオン2からの履き替えです。ウルトラスポーツはグレード的は同じでどちらにするか迷っている方も多いかと思います。
走り心地に関してですが、リチオンに比べて硬いです。リチオンの方がモチモチした乗り心地です。ウルトラスポーツガッチリとした乗り心地です。ただ、路面からの突き上げや震度は不快ではありません。
グリップに関しては、ウルトラスポーツの方が明らかに良いです。峠の下りでバイクを倒しても地面にしっかり食いつきます。この点は、グランプリ4000に近いものがあります。
転がりに関してはそれほど違いはないように感じます。しかし、ウルトラスポーツの方がグリップが言い分、踏み込んだ時の加速感は気持ちいです。
デザインに関しては、リチオンの方がカラーの面積が広いです。ウルトラスポーツではカラー部分はリムから1cm弱くらい見える程度。この辺は好みが分かれるところでしょう。
太いタイヤ=重い=遅い=ダサいなど、ネガティブなイメージばかりでしたが実際に乗ってみると実に良い。
重さのために慣性が増して勝手に回ってくれる感じ。
路面のギャップがあってもタイヤがショックを吸収してくれるので手首や首の負担が少ない。
騙されたと思って乗ってみてください。
まさに目から鱗です。
KENDAの32Cを履いていたクロスバイクを、この28Cに変更しました。
安価なわりに、評判も悪くなさそうなので、選択しました。
これに限らず、新品タイヤは装着し難いので、1本あたり30分近く掛ってしまい、前後輪の交換で1時間を要しました。
見た目は、さほど細くなった感じはしませんが、走行は明らかに軽快になり、よく進みます。
良い買い物でした。

2本セット Continental(コンチネンタル) UltraSport2 オレンジカ』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『2本セット Continental(コンチネンタル) UltraSport2 オレンジカ』の詳細を見る

Sponsored Links

5位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『シマノ ホイール WH-R501 前後 ブラック 31285』

クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『シマノ ホイール WH-R501 前後 ブラック 31285』

2014年3月
後ろから車に追突されホイール交換してもらったのがこれだった。雨の日も雪の日も乗っていたら交換サインが消えたので交換した。
2018年12月
目の前の車止めに激突して58歳宙に舞う。一回転して座るような感じで着地。バイクは⁇左後ろの植え込みに刺さっていた。すぐに引っ張り出した。左膝には激痛がズボンをめくるとヤバかった。気をとりなおしてバイクを確認、STIレバーが斜めを向き、サイコンのタイラップが切れてプランプランしてる。取り敢えずチェーンをはめて漕いだら乗れる。足は痛いしホイールはブレーキシューのところでカシャンカシャンいってる。まだ1万キロは乗れたのに…。
これまで何の問題もなく乗ることができました。注文して交換後もこれを乗り続けますよ。
◎リーズナブル、70kgの人間が乗って激突しても走れる。
×シールを全部剥がしたら継ぎ目が現れた(アテンションのシールは絶対剥がさないほうがいい)この下が継ぎ目で、この近くにまだ交換しなくても大丈夫の穴があり消えたら交換

それにしても3つ手前までは無かったのに、いきなり車止めとはとは…。

クロスバイクを通勤用で乗って1年半の初心者です。
タイヤがひび割れてきたのでタイヤ28C→23C、とホイールをジャイアント純正から交換しました。
両方の恩恵だと思いますが、最初に乗った時はアレ?ギアが1、2段軽い?と私でも分かる程でした。
こいでも踏めばグイグイ進むかんじが分かります。
当初1万円出してどこまで変わるのか不安でしたがロードに乗るまでもなく、ホイールも3万~5万まではちょっと…、通勤用のクロスを少し快適にと思ってる方にはいいと思います。
私はこれで十分満足で、通勤するのが楽しいです。

シマノ ホイール WH-R501 前後 ブラック 31285』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『シマノ ホイール WH-R501 前後 ブラック 31285』の詳細を見る

6位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×28C] パセラ ブラックス』

クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×28C] パセラ ブラックス』

クロスバイク用ですが、以前中華の重い重い車体に乗っててさえ、「良く転がるなあ」という印象でした。
「この値段でこれならもう少し高いヤツはもっと良いだろう」・・・で、結構いろんなメーカーのを試しましたが「あれ?転がらねー」「あれ?耐久性ねー!」この価格クラスでの転がり感と耐久性のバランスはこれがピカイチで、結局これに帰って来ました。ただいま。
・・さすが、某店舗でベテラン客さんが「店のこんな中華タイヤ買うよりゃあアマゾンでパナのパセラが絶対安くて転がるし良いよー!」とお叫びになってただけある・・・かも。聞きながら目ぇ剥いてた店長さんゴメンナサイ
以前、タイヤのサイドにヒビが入ってボロボロになった自転車を、自転車屋に持っていった時に、このタイヤを選んで交換してくれました。
今では自分で交換するようになりましたが、やっぱりコレです。

世の中、軽量タイヤとか、レース用タイヤとか、いろいろありますが、日常の買い物などにそんな高級タイヤ使ってももったいないです。
このタイヤは、とにかく長寿命なので、日常使いにピッタリです。
だいたい2000kmで交換の目安と言われていますが、4000km走って大きなトラブルなく、さすがにツルツルになってきたので交換しようという程度です。

交換を自分で行う場合は、プラスチック製のタイヤレバー必須です。
昔、工具が手に入らず、マイナスドライバーで無理矢理交換してましたが、かなりの確率でチューブを傷めてパンクします。
今では通販で容易に手に入るので、プラ製のタイヤレバーは用意しましょう。おすすめ商品にも出てると思います。

柔らかめのタイヤで、空気いっぱいでもカチカチにはならず若干弾力が残るタイプ、走り心地もソフト寄り。
ちょっと重量あるけど、転がりは悪くないのでさほど重さは感じないかと。
耐パンク性能、グリップ性能は、高くはないはず、油断してると痛い目みる感じ。
着脱しやすく、特にはめ込みは軽いコツだけでタイヤレバーいらず。
おそらく一年くらいでひび割れ多数で交換という流れになるかと。

感想として、凡性能だけどフィーリングはわりと好みで走りやすかった。以前の値段なら☆4だった。

追記:欧州製パーツをつかっていて改めて気づいたこと。日本メーカーの製品はやはり信頼性が高い。きちんと設計されてるおかげで、作業時のストレスが少ない。タイヤもそうです。そういう数値化しづらい部分がもっと評価されるべきだと考え☆を3から4に増やすことにします。

パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×28C] パセラ ブラックス』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×28C] パセラ ブラックス』の詳細を見る

Sponsored Links

7位.クロスバイクタイヤのおすすめ│『パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×23C] クローザープラス』

クロスバイクタイヤのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×23C] クローザープラス』

28Cが標準装着されていたクロスバイクに装着。新車から14か月目での交換。リムが同じでは少し細すぎ?かと思ったが、折りたたんで届いた商品は折り目のくせが有り、丸く広げて一日寝かせてから装着した。タイヤをはめるのも難なく装着できた。乗ってみての感想は、8barの空気圧でもしなやかな乗り心地。路面に吸い付く様なグリップ感覚でなかなかいい
コストパフォーマンス最高ですね。
ジャイアントのエスケープRX3の純正28Cからこちらの23Cにしてみました。
初めて自分で交換しましたがサクサクと30分程度で前後交換出来ました。
作業する前はは「ハマり難い」「チューブ噛むのに注意」などのコメントに少しびびってましたが全く問題なしでした。
軽く走ってみたら軽いしグリップも感じられるのでなかなか良い感じでした。
これからの通勤、ポタリングで走るのが楽になりそうです。

パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×23C] クローザープラス』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×23C] クローザープラス』の詳細を見る

クロスバイクタイヤのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

クロスバイクタイヤのおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りのクロスバイクタイヤを見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました