【2020年】プリアンプのおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

今回は、Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
プリアンプのおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビューも加えてご紹介します!

Sponsored Links
  1. 1位.プリアンプのおすすめ│『Bluetooth5.0ハイファイ6 j 1真空管プリアンプアンプステレオプリアンプ』
    1. プリアンプのおすすめレビュー│『Bluetooth5.0ハイファイ6 j 1真空管プリアンプアンプステレオプリアンプ』
  2. 2位.プリアンプのおすすめ│『Douk Audio P1 HiFi Bluetooth 5.0 真空管プリアンプ USB DAC APTX』
    1. プリアンプのおすすめレビュー│『Douk Audio P1 HiFi Bluetooth 5.0 真空管プリアンプ USB DAC APTX』
  3. 3位.プリアンプのおすすめ│『AIYIMA Bluetooth 5.0 6K4TUBE 真空管プリアンプステレオDC12V』
    1. プリアンプのおすすめレビュー│『AIYIMA Bluetooth 5.0 6K4TUBE 真空管プリアンプステレオDC12V』
  4. 4位.プリアンプのおすすめ│『【新登場!】 Nobsound NS-10P Mini 真空管 プリアンプ Hi-Fi AUX ライン』
    1. プリアンプのおすすめレビュー│『【新登場!】 Nobsound NS-10P Mini 真空管 プリアンプ Hi-Fi AUX ライン』
  5. 5位.プリアンプのおすすめ│『ZOOM ズーム Acoustic Creator アコースティックギター用プリアンプ AC-3』
    1. プリアンプのおすすめレビュー│『ZOOM ズーム Acoustic Creator アコースティックギター用プリアンプ AC-3』
  6. 6位.プリアンプのおすすめ│『FX-AUDIO- TUBE-01J 真空管プリアンプ(ラインアンプ) NFJオリジナルモデル (シルバー)』
    1. プリアンプのおすすめレビュー│『FX-AUDIO- TUBE-01J 真空管プリアンプ(ラインアンプ) NFJオリジナルモデル (シルバー)』
  7. 7位.プリアンプのおすすめ│『6J1』
    1. プリアンプのおすすめレビュー│『6J1』
  8. プリアンプのおすすめ人気ランキング│まとめ

1位.プリアンプのおすすめ│『Bluetooth5.0ハイファイ6 j 1真空管プリアンプアンプステレオプリアンプ』

プリアンプのおすすめレビュー│『Bluetooth5.0ハイファイ6 j 1真空管プリアンプアンプステレオプリアンプ』

まず、見かけが良い。場所取らずに真空管アンプの雰囲気が味わえる。音質は、何十万もするアンプと比較して、私の駄耳には、その何十万円の差を感じることができないでいる。駄耳を知られないよう周りには言わないようにしている。
Bluetoothの感度は悪くなく、再ペアリングは自動です。AMAZON MUSICの曲をDAISOの300円スピーカーを鳴らしていますが、最大音量が物足りない以外過不足はありません。エコライザーアプリを使うと大変よくなります。電源にもLEDがついていて邪魔と言えば邪魔ですが、小さいのが素晴らしい。

Bluetooth5.0ハイファイ6 j 1真空管プリアンプアンプステレオプリアンプ』の詳細はこちら↓

『Bluetooth5.0ハイファイ6 j 1真空管プリアンプアンプステレオプリアンプ』を見る

2位.プリアンプのおすすめ│『Douk Audio P1 HiFi Bluetooth 5.0 真空管プリアンプ USB DAC APTX』

プリアンプのおすすめレビュー│『Douk Audio P1 HiFi Bluetooth 5.0 真空管プリアンプ USB DAC APTX』

NS-10PMiniに追加でDoukAudioP1を購入しました。デジタルバワーアンプのDoukAudioG3との組み合わせでFOSTEXフルレンジスピーカーをP1のヘッドホン端子にSONYMDR-1Aを接続してNECノートPCにゾノトーンのUSBケーブルを接続して主にJAZZ系の音楽を聴いています。とにかくオーディオプリアンプとしての実力は私の長年のオーディオ経験からベスト3に入る高音質オーディオ機器だと思います。この価格でこの音が聴けるとはとんでもない時代になったなーと実感しております。
購入し1週間ほど使用。
環境はPC用で、ONKYO GX70アクティブスピーカーに繋げて使ってます。
音質は非常に良し。PCとSPを直結していた時はノイズが乗るときがあったが、非常にクリアに聴こえる。
また、このサイズのUSBDACにはめずらしくUSB入力以外にRCAアナログ入力1系統があり、ゲーム機の音声入力を接続し使用しています。(アナログ入力が付いていたことも本製品を選定した理由の一つでした)
めったにレビューは書かないのですが、小型で場所取らず、安価で良い買い物ができたと思い一筆取らせていただきました。ありがとうございました。
USBDACがあるから凄く便利。トーンコントロールもオフに出来るから聴き比べて好きな方で聴くも良し。出てくる音はかなりレベルの高い音で好みの音が出せる優れもの。でも、使うアンプや入力の音にも敏感に反応するから、良い物を使うと生きる商品だと言えるね。

Douk Audio P1 HiFi Bluetooth 5.0 真空管プリアンプ USB DAC APTX』の詳細はこちら↓

『Douk Audio P1 HiFi Bluetooth 5.0 真空管プリアンプ USB DAC APTX』を見る

Sponsored Links

3位.プリアンプのおすすめ│『AIYIMA Bluetooth 5.0 6K4TUBE 真空管プリアンプステレオDC12V』

プリアンプのおすすめレビュー│『AIYIMA Bluetooth 5.0 6K4TUBE 真空管プリアンプステレオDC12V』

Mac->本体->BOSEで利用しています。音の感想としては真空管を用いているので全体的に丸い感じになります。そのため高音の刺さりなどがなくなりデジタル感のないまとまった音になります。外観から見ても悪い点はなく、欲を言えば、AUXではなくRCA-INのほうが使いやすいと思います。電源は付属しておらず自分で用意する必要があります。12V/1Aでは動作しなかったため、12V/3Aで動作を確認しています。Bluetoothの機能も問題なく使えますし切り替えも後部のスライドスイッチから可能なのでとてもコストパフォーマンスの良い製品だと思いました。ボリュームのつまみもクリック感があり回しやすく他のつまみもクオリティーがいいので初めて真空管プリアンプを買ってみたい方や軽く使ってみたい方などオススメです。
とりあえず最高のコストパフォーマンスを誇るLAPELと接続して
音楽を聴いていますが、中々イイデスネ! LAPELはフラットな
音質で悪く言えば無味無臭って感じの飾り気の無い音ですが、あの
価格でこの音が出ること自体が驚異的ですからネ! そのアンプの
プリ部分に送られてきたアンプを接続すると一気に音色が変わりマスネ
艶っぽいと言うか厚みが加わったリッチな音に変わるので低価格のアンプの
音色遊びとしては非常に面白い商品だと思いマス。 今までのアナログオーディオ
マニアのお約束の高価格・高重量・体積の大きさ=良い音の定義が見事に覆される
思いがしマス(汗) 真空管を取り替えて遊ぶ事も出来そうだし、どちらかと言えば
オーディオの初心者の人より今まで何百万もつぎ込んで来た人に聴いてもらいたい
商品デス^^

AIYIMA Bluetooth 5.0 6K4TUBE 真空管プリアンプステレオDC12V』の詳細はこちら↓

『AIYIMA Bluetooth 5.0 6K4TUBE 真空管プリアンプステレオDC12V』を見る

4位.プリアンプのおすすめ│『【新登場!】 Nobsound NS-10P Mini 真空管 プリアンプ Hi-Fi AUX ライン』

プリアンプのおすすめレビュー│『【新登場!】 Nobsound NS-10P Mini 真空管 プリアンプ Hi-Fi AUX ライン』

あまりの小ささにまずはビックリでした
Mrantzのアンプのインプットの前段に入れてMacの出力を受け、DENONとSONYのスピーカをツインで鳴らす構成です
いずれも安物ですが、トータルなサウンドが複雑、新鮮で懐かしい柔らかい音を再現してくました
特にクラシックとボーカルは秀逸かと思います
付属真空管が悪いとのコメントもあったので、GEの別売り真空管も同時に買ったのですが付属でも十分ですので、バックアップに保管しておきます
元々、スマホ→Bluetooth(apt-x)→GGMMM3(アクティブスピーカー)で音楽を聴いていましたが、音質に若干不満がありました。そこで、使わなくなったスマホ(googleplaymusic)と既存のアクティブスピーカー(GGMMM3)を活用し、コストを抑えつつも良い音で音楽を聴けないかと色々試行錯誤して、本商品を試しに有線接続に組み込んでみました。

現在は、スマホ→GGMMA1(USBDAC)→本製品(真空管プリアンプ)→FiioA3(ヘッドホンアンプ)→GGMMM3(アクティブスピーカー)という流れで音楽を聴いています。本製品を組み込んでTrebleを上げることでこれまで聞こえなかった高音が聞こえるようになりました。また、音質自体が温かみのある豊かな音色になって大変満足しています。

全くのオーディオ素人なので無駄のある接続かもしれませんが、今後オーディオやアンプの回路などについて趣味で勉強をして、良い音色を鳴らすオーディオ環境について理解を深めていきたいと思っています。

プリアンプの為、ヘッドホンアンプが必要ですので少々使いにくいですが、それに見合う音質が得られました。
真空管を扱うのは初めてでしたので取り付け時に壊してしまわないかと少々手こずりましたが、一部のピンがまっすぐでは無いのが原因で、一緒に購入していました上位品の真空管に付け替えた所すんなりハマりました。
コスパも良いのでかなりのお勧め品ですね。

PS4slimに繋いでみました、思い通りにうまくいったのでご紹介します。(PS3でも出来ると思いますCD使えますし)
PS4→HDMI音声分離アダプター→XPUMP(ライン接続)→NS-10P→PS3サラウンドシステム(アナログ入力)
補完のため挟んだXPUMPが言い働きをしてくれました。(無くても音量を上げれば問題ありませんが)
真空管の音はなかなかのもので、響きのあるものに効果があるようです。

【新登場!】 Nobsound NS-10P Mini 真空管 プリアンプ Hi-Fi AUX ライン』の詳細はこちら↓

『【新登場!】 Nobsound NS-10P Mini 真空管 プリアンプ Hi-Fi AUX ライン』を見る

Sponsored Links

5位.プリアンプのおすすめ│『ZOOM ズーム Acoustic Creator アコースティックギター用プリアンプ AC-3』

プリアンプのおすすめレビュー│『ZOOM ズーム Acoustic Creator アコースティックギター用プリアンプ AC-3』

木目を基調とした落ち着いたデザイン惹かれて購入しましたが手持ちのエレアコの性能を十分引き出してくれて大満足してますエレキのエフェクターのようにいろんな音が出せるというものではないのですがアコースティックギターという特性を考えるとプリセットのもので十分だと思います
よいアンプに繋ぐとびっくりするぐらい良い音が出ます
実際のギター道理の音が出ているかは、定かではないのですが、 音作りと考えて導入しても、面白いと思います。
 使用環境は御覧の通りです。 良い点は、
 1、ノイズが無い
 2、ゲインが充分ある
 3、ロータリースイッチで使いやすい(年寄りにはシーケンス方式のスイッチは使いづらく見にくい)
残念なのは、前機種に有ったマイク入力が無くなっている事 惜しいですね~~
 使い方は、ユーチューブで解説がたくさん出ていますので 買う前にさんざん見ておきました。
 

ZOOM ズーム Acoustic Creator アコースティックギター用プリアンプ AC-3』の詳細はこちら↓

『ZOOM ズーム Acoustic Creator アコースティックギター用プリアンプ AC-3』を見る

6位.プリアンプのおすすめ│『FX-AUDIO- TUBE-01J 真空管プリアンプ(ラインアンプ) NFJオリジナルモデル (シルバー)』

プリアンプのおすすめレビュー│『FX-AUDIO- TUBE-01J 真空管プリアンプ(ラインアンプ) NFJオリジナルモデル (シルバー)』

オーディオの泥沼にはまって40年間。あぁでもないこぅでもないと七転び八起きしながら
さんざん苦労してきましたが、こんな小さく安価な器械で極楽のサウンドが愉しめる、いい時代になったもんです。
中国から個人輸入した中華デジアンをパワーに使い、本品を上流につないで使用しています。
JVCのウッドコーンスピーカーが朗々と唄っています。真空管の豊穣なアナログ感性と
デジタルの鋭敏な精度という、新旧ハイブリッドの組合せが、予想以上のサウンドを産みます。
安い・早いという中国工場の体力に、繊細で緻密な日本人の知恵と感性が、ドッキングした成果でしょう。
ハイエンドのてっぺんで一喜一憂してきたオーディオマニアの方から、ビギナーのかたまで
目からウロコの製品です。
安くてもはっきり音色の違いが際立つ真空管プリアンプです。標準管でも十分まろやかで音に厚みが出ますが、真空管を変えるだけでまた違った音が楽しめます。特に女性ボーカルは顕著でダイアナクラールなどはより艶やかで聞き応えがあります。かすれた声の違いは歴然としています。良い買い物をしました!
メインアンプはC国製デジタルアンプでスピ-カ-システムは自作というプア-な設備ですが、
満足して聴いていましたが、少しデジタルアンプの硬さが気にはなっていました。
今回、球のプリを使うことによって、皆さんがレビュ-されている通り、低音も高音も生き生きと再生されるようになり、
恐らくシステムをこれ以上にアップを図っても、大差があるのかと思う状態に持っていくことができました。
このアンプそのものは実に小さなアクセサリ-的存在ですが、性能は抜群です。又作りも良いですね。

FX-AUDIO- TUBE-01J 真空管プリアンプ(ラインアンプ) NFJオリジナルモデル (シルバー)』の詳細はこちら↓

『FX-AUDIO- TUBE-01J 真空管プリアンプ(ラインアンプ) NFJオリジナルモデル (シルバー)』を見る

Sponsored Links

7位.プリアンプのおすすめ│『6J1』

プリアンプのおすすめレビュー│『6J1』

TV番組で自作真空管アンプを聞く機会があり 興味がわき廉価な製品を探していたところ この商品に行きつきました。
トーンコントロールが高低あること、電源アダプター付であること、タイムセールやクーポンでなお安くなること、
レビュー投稿の諸兄の意見を参考に購入を決めました。アンプはサンスイA-M70(若者向けシステムコンポ30年前) スピーカーはダイヤトーンDS77EX(頂き物)で 音楽アプリ→イヤホン端子→AVセレクター→本機→コンポ本体イコライザーセレクター→アンプです
投稿のとうり音が豊かに奥行きがでるように感じました。やはり クラシックなどが得意なようです。ポップスなどとくに小さな声で歌う場合 ボーカル以外を増幅し聞きづらくなることもありました。低音のコントロールを回し過ぎると 所有の機器か自分の耳のせいかこもる感じがします。しかしながら 真空管の第1歩としては最適な機器で自信を持って、また 多くの人にお勧めすべく星5つ
とします。

 

テレビの音を良くしようと中華アンプから古いSPに接続、欲が出てプリもという流れで購入。

もともと無線お遊び派だったので昔の807を手始めに10台は自作したかな、しかし、この値段は100%ジャンク箱の中のパーツから作らないと対抗できない。
商品が届くと予想以上に梱包は良く、安心して箱を開けると球が曇って雲量10の状態。チェックすると型番のプリントのインクが流れて、さらにバカが拭き取ろうとしたのか?中身は良くても仕入れはタダ同然のB品でしょう。
肝心の音質は高評価の方ほど感動的でなく、まぁ球ぽい音になったかなぁ程度です。
トーンコントロールは、反対意見もあるでしょうがイコライザーより簡単便利。
球の下のLEDも赤なので違和感なし。

この1台だけでフワっと心地よい音にはなりませんが、値段なりの調整機能は楽しめると思います。

6J1』の詳細はこちら↓

『6J1』を見る

プリアンプのおすすめ人気ランキング│まとめ

プリアンプのおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りのプリアンプを見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました