【2021年】ラー油のおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
ラー油のおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビュー・口コミも加えてご紹介します!

Sponsored Links

1位.ラー油のおすすめ│『かどや らー油 150g』

ラー油のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『かどや らー油 150g』

マルホンの450gをいつも買っていたのですが、一時的なことかもしれませんがamazonでそれが見当たらなくなったため、初めてこちらの「かどやらー油」150gを買ってみました。
本品3本分で450gでマルホン450gよりもややわずかに高くなりますが、150gだったら食卓に出すのにも良いサイズなので気に入りました。
別の皿にそれぞれのラー油を載せて比べてみましたら、かどやのほうが鮮やかな赤い色をしています。マルホンのほうや赤茶色という感じ。
マルホンのほうは残ったラー油なので黒っぽい不純物が混じっていることを考慮するとしても、
かどやの瓶の底にはそのような不純物は見当たらないので、かどやのほうがフィルタリングもしっかり出来ている感じがします。味を比べてみると、辛さはほぼ同じ程度という感じ。ただ、かどやのほうがキレの良さと爽やかな風味があります。まあ、かどやの勝ちというのがレビュアーの個人的感想です。
かどやとマルホンとの比較写真をレビュアーが撮ってみましたので載せます。
普段はスーパーなどで売っている30ml100円ぐらいのS&Bのラー油を使っています。

S&Bのラー油は、ごま油+とうもろこし油などで作られていて、良く言えば軽い味わい。
対してこちらはごま油のみで作られていますので、うま味や香りが強い分重く感じるかもしれません。

また、辛味についても、S&Bは唐辛子を抑えめにしてパプリカ色素で色をつけているので、色味ほど辛くはありません。
こちらは色素を使っていないので、色味の通りガッツリ辛味もあり、ラー油って感じが強いです。

人によって好みは違いますが、濃厚な味や香り、辛さを求めるならこの商品は良いと思います。

かどや らー油 150g』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『かどや らー油 150g』の詳細を見る

2位.ラー油のおすすめ│『ユウキ 激辛辣油 920g』

ラー油のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ユウキ 激辛辣油 920g』

辛さでいうと、普通にスーパー等で売っているラー油より辛く、
ノーマルのタバスコか、それ以上に辛く感じると思います。
味や風味が無いというか、どんな料理にも邪魔をしない感じで辛くできて、
色のついた油ですから混ざり具合も良くわかります。
ラーメン屋さんでも気の利いたところは自作ラー油で美味しいラー油があったりしますが、
そういうのではなく、超辛いサラダオイル、もしくは液体唐辛子と思えば良いと思います。
炒め油として使うと喉をやられます。そのくらい辛いです。

あまりにも便利で2本目を購入。冬の鍋には良く合いますね。
煮るときでも良いし、小分けしてからなら家族に迷惑をかけません。
あとはポップコーンを自宅で作る時、
最初に使う油をこれにしてコーン半分くらいの高さで鍋に入れて中火で作れば
完成時に塩を振るだけで一般的に売られているスナック菓子のハバネロ系と同じくらい辛くでき、
なおかつその手のスナック菓子のようにパウダー香辛料では無いので手が汚れません。
色はそんなに赤くならないので、サプライズにも使えますw
超絶おススメします。

辛い物好きなので、どれ程辛いか期待したのですが、期待した程の激辛ではありませんでした
しかし、胡麻辣油の様なしつこさが無く、癖のない爽やかな辣さで、多量に使っても嫌味がない辣さなので、中華以外にも使えます。
タバスコのような癖もありません。

カレーは勿論、トルコ風鍋、ピザ、パスタ、パエリア、火鍋、メキシカン、南米料理、グラタン等々、辛味が味付けになる料理には全て万能調味料として使用出来ます。
意外に、すき焼き、ちゃんこ鍋、土手鍋等々の鍋ばかりでは無く、天麩羅、おでん、うどん、味噌煮込み等の和食の鍋料理にも、一味の様に使えます。
“辣油”と云うよりも、液体“一味”と考えて、万能調味料として使えるのではないでしょうか。

私は相当な大辛好きだが、「超」がつくほどではない。食材そのものの味が分からなくなるほどの辛いもの好き、まではいかない。ということで、この商品は私にとってはいろいろな料理にちょうど良い大辛レベルにできる。とくに、担担麺や餃子のタレなど中華料理に愛用しているが、カレーの辛さ調整や、イタリアンの大辛料理にも使用できる。他のレビューにもあるとおり、ゴマ油ではないから、ゴマ油特有のクセがない。餃子や担担麺など逆にそのことで少々物足りなさもなくはないが、カレーやペペロンチーパスタなどの辛さ調節に通用するので気に入った。とくにカレーはカレーそのものの味にあまり影響を与えずに辛さ調節できる。(ただし、多少油っぽくなるが・・・)しかも、分量が多いので、ケチらずたっぷり使える。同じ商品で普通のラー油の小瓶の大きさのものが近くのスーパーで税込400円くらいで販売していたので、それを考えると、920gでこの値段はお買い得だ。1本買ってもう3,4か月くらい使っているが、まだかなり残っている。

ユウキ 激辛辣油 920g』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『ユウキ 激辛辣油 920g』の詳細を見る

Sponsored Links

3位.ラー油のおすすめ│『九鬼 香辛胡麻辣油 45g』

ラー油のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『九鬼 香辛胡麻辣油 45g』

胡麻の香りが強いラー油なので好みが別れると思う。普通よりは美味しいといった感じ。蓋を閉じていても横にすると漏れてしまうのがイマイチ。ウチの調味棚が斜めなので、入れておいたら溢れていた。
純粋に辛さを求めるのであれば別のラー油を購入した方が満足します
これは胡麻油の香りを楽しみつつラー油の辛さを加えたい料理でこそ進化を発揮
熱々の中華料理に使うと最高です

九鬼 香辛胡麻辣油 45g』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『九鬼 香辛胡麻辣油 45g』の詳細を見る

4位.ラー油のおすすめ│『小笠原フルーツガーデン 薬膳島ラー油 1本120ml』

ラー油のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『小笠原フルーツガーデン 薬膳島ラー油 1本120ml』

ラー油は手作りが好きですが材料費と手間がかかるのでこちらを愛用しています。
こちらのラー油はただ辛いだけでなく体に良さそうな味わいがするので好きです。
白いお粥にお塩とこちらのラー油で食べるのにはまっていた時期もあります。
各種料理にも使う際良い味を出してくれます。
今のところラー油はこれ以外買う気がしません。
何年も買い続けている大好きな辣油。これ以外は辣油ではない!と断言したい程の旨さです。
初めてお使いの方へ。使う前によーく振ってください。逆さまにして、横にして、よーく振ってください。下に固まっていて使えないという方がいますが、嘗てそのようなことはありませんでした。とにかく都度振って使ってください。
小笠原に行ったとき、お土産で買ってからハマりました。ヤワな辛さではなく、しっかり辛く、薬膳のスーンとした感覚もあってとても美味しいです。たまごかけごはん、ラーメン、うどん、炒め物、スープ、鍋のつけ汁、いろんなものによく合います。以前は伊勢丹の地下で買っていたのですが、ビンを持ち帰るのがネック。とにかくよく使うのでまとめ買い&配送のほうがラクだと思い、アマゾンで頼むことにしました。ちなみに私も、ジャムビンに移し替えて使っています。フタが甘くベタベタになることと、具がなかなか出てこない悩みはバッチリ解消しました!

小笠原フルーツガーデン 薬膳島ラー油 1本120ml』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『小笠原フルーツガーデン 薬膳島ラー油 1本120ml』の詳細を見る

Sponsored Links

5位.ラー油のおすすめ│『桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g×4個』

ラー油のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g×4個』

数々の食べられるラー油と競争したらもちろんこれがトップに位置する事はありません。世の中には具だくさんのリッチな味覚の食べられるラー油も沢山あるのです。しかし、この商品の凄さは、美味しくてリピートしたいという味とリーズナブルな価格を両立しているところです。単品としても買いやすくて美味しいと良いところがあるのですが、具の種類がそう多くない所、メインの具が香ばしいニンニクチップだけであるところのメリットが確かにあります。デメリットではなくメリットです。それは様々な料理に足す時に、足し算をしすぎる事がない事です。複雑さのない所が逆に無駄な足し算を抑制し、どの様な料理にも美味しい味覚の足し算ができるというメリットを生み出しています。
難しく言い過ぎましたが、つまり「何に足してもかけても美味しくなるんだよ!」という事ですね。マジですよ。
ご飯のオトモにも、完成された料理にも新たな方向付とちょっとした変化を、という点でものすごくオススメします。
私は桃屋のこのラー油を食べられるラー油単体としてトップには推しません。しかし、これが毎日の身近な食生活に与える足し算としてのポテンシャルは絶大であると思うところです。家計応援的でもありますしね。
商品名通り、絶妙な辛さで辛いものが苦手な方の私にとってちょうど良い辛さでした。(というかあんまり辛くないです)
ご飯にかけて食べると実にうまい!
ただ商品そのものには関係ないのですが、近所のスーパーの方が安かった……(特売とかではない)
4個セットなので安いと思い込んでしまったのは失敗でしたね

桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g×4個』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g×4個』の詳細を見る

6位.ラー油のおすすめ│『ユウキ 激辛四川ラー油 450g』

ラー油のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ユウキ 激辛四川ラー油 450g』

私は辛いものが大好きで、中華料理などによくラー油をかけるのですが、店で売っているのはプッシュ式のやつしかなく、少々物足りないな~と思いながらAmazonを眺めていたら、こちらの商品を見つけ、心を踊らせながら即ポチ。今日とどいて早速使用したのでレビューをさせていただきます。
 さて、早速届いたわけなのですが、ラー油は結構サラサラしており、色も薄かったのでそんなに辛くないのだろうと思ってしまった私は、届く前に作っておいた麻婆丼にドバドバとかけてしまいました。そしてひとくち食べた瞬間、口の中に広がるラー油の刺激!旨辛刺激が襲い掛かってきたのです。その旨さに下を奪われた私は一気に麻婆丼をかっこみました。フー満足満足…と思った次の瞬間、ラー油の辛味というより痛みが口の中を支配していきました。その辛さはまさに私の求めていた辛さではあったものの、流石にかけすぎたため軽くのたうち回りました。このレビューを書いてるときも、まだ唇がヒリヒリしています。
 結論:辛いラー油を求めている方にはぜひともおすすめしたいです!
麻婆豆腐用に購入。ユウキ食品の激辛ラー油を食したがあまり辛さはなく、使い古した油の味だったので幻滅。再度こちらを購入。これは大当たり。ゴマ油の風味が最初に来て、その後に唐辛子のいい感じの辛みが後を追ってくる。さらに花椒の痺れも徐々に効いてくる。若干値段はお高めだが非常に良い買い物をしたと思う。花椒辣醤と合わせて使うと陳麻婆っぽい麻婆豆腐が家で作れますよ。
これは満足です。
なかなか美味しいラー油に出会えませんでした。
ユウキ激辛ラー油も試しましたが、駄目でした。
仕方なく自分で手作りしていましたが、年と共に面倒くさくなり、購入しました。
このユウキ激辛四川ラー油だけが、今までで一番満足です、もちろん、手作りの次に満足と言う事です。
これからは、このラー油しか買わないでしょう。

ユウキ 激辛四川ラー油 450g』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『ユウキ 激辛四川ラー油 450g』の詳細を見る

Sponsored Links

7位.ラー油のおすすめ│『S&B ラー油(唐辛子入り) 31g』

ラー油のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『S&B ラー油(唐辛子入り) 31g』

普段使う分には混ぜずに使ってます。
只、辛味が足りないスープっぽい物や調味料が付けづらい場合には、底に沈んでいる唐辛子を混ぜて使ってます。

かなり風味が変わるので、常に混ざっていないバージョン、常に混ざっているバージョンの二つに分けて欲しいです。

我が家の定番商品です。
ラー油といったらやっぱりこれですね。

S&B ラー油(唐辛子入り) 31g』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『S&B ラー油(唐辛子入り) 31g』の詳細を見る

ラー油のおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

ラー油のおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りのラー油を見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました