【2021年】露出計のおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
露出計のおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビュー・口コミも加えてご紹介します!

Sponsored Links
  1. 1位.露出計のおすすめ│『セコニック 露出計 フラッシュメイト L-308X』
    1. 露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『セコニック 露出計 フラッシュメイト L-308X』
  2. 2位.露出計のおすすめ│『セコニック 露出計 ツインメイト L-208』
    1. 露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『セコニック 露出計 ツインメイト L-208』
  3. 3位.露出計のおすすめ│『照度計 デジタル式Lux(ルクス)表示 8720』
    1. 露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『照度計 デジタル式Lux(ルクス)表示 8720』
  4. 4位.露出計のおすすめ│『VoightLander VCメーターII シルバー 640030』
    1. 露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『VoightLander VCメーターII シルバー 640030』
  5. 5位.露出計のおすすめ│『セコニック 露出計 スピードマスター L-858D』
  6. 6位.露出計のおすすめ│『セコニック 露出計 ライトマスタープロ L-478D』
    1. 露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『セコニック 露出計 ライトマスタープロ L-478D』
  7. 7位.露出計のおすすめ│『デジタル照度計 HOLDPEAK 881D光度計 携帯型 、露出計、高精度測定、気温測定器搭載、高速応答』
    1. 露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『デジタル照度計 HOLDPEAK 881D光度計 携帯型 、露出計、高精度測定、気温測定器搭載、高速応答』
  8. 露出計のおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

1位.露出計のおすすめ│『セコニック 露出計 フラッシュメイト L-308X』

露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『セコニック 露出計 フラッシュメイト L-308X』

今まで、スタジオデラックスでしたが、絞り優先がついたということでこちらを買いました。
結果、何も問題なく、高機能でありながらシンプルで、とてもいい露出計でした。
慣れるとデジタルもいいものですね。
ライトマスターと悩みましたが、出張撮影時に使用するのでこれで十分!
買ってよかった。

セコニック 露出計 フラッシュメイト L-308X』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『セコニック 露出計 フラッシュメイト L-308X』の詳細を見る

2位.露出計のおすすめ│『セコニック 露出計 ツインメイト L-208』

露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『セコニック 露出計 ツインメイト L-208』

初めての露出計購入。過去にフォクトレンダーのVCメーターは使っていましたが、当タイプの露出計は初めて。使ってみてわかりましたが凄く簡単に使えるのでビックリです。大きさもコンパクトで大変気に入りました。
フィルムカメラのほとんどが、メーター不良になり、なかなか適正な露出を決められないことが多かったが、やっと頼りになり、指標となる道具を手に入れることができた。ただ取扱説明書の説明がちょっとおおざっぱすぎる感じがする。もう少し丁寧で細かい説明がほしかった。
壊れてしまって購入しようと思ったら生産終了になっていたので散々探しました。見つかってよかったです。とても使いやすいので重宝しています。

セコニック 露出計 ツインメイト L-208』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『セコニック 露出計 ツインメイト L-208』の詳細を見る

Sponsored Links

3位.露出計のおすすめ│『照度計 デジタル式Lux(ルクス)表示 8720』

露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『照度計 デジタル式Lux(ルクス)表示 8720』

中国語の取説と日本語の簡易取説が入っていました。

仕事で使用ている定期的に校正に出照度計との誤差はそれなりにありますが、ほぼ一定なので差分を考えて使う分には問題なさそうです。
ハロゲンの光源とHIDの光源では問題なく使えますが、LED光源では測れる時もあるし0Luxの時もあるので使えないと思った方がよいでしょう。
LED対応と書いていないので当たり前と言えます。
中国語の取説に記載されているスペクトル表を見ても約480~660NMとなっているのでLEDの波長にはほぼ対応していないようです。
耐久性はまだわかりません。
値段も安いので直ぐに壊れたとしても気持ち的には許容範囲です。

マイナス1にするほどでもないのですが、箱から出した時に液晶面(内側)に段ボールのカスの様なものが混入していました。
添付した写真の数字の9の下当りにあるのが上述したゴミです。
ちなみに、計測している光は6万ルクスのハロゲン光源です。

操作は単純明快で計測値も安定しており、コスパの高い商品だと思います。
写真用の単体露出計を所有しておりますが、30000円以上します。
写真用単体露出計はフラッシュ光を測れたり、自動で絞り値を計算してくれたり便利な機能はついてますが、単純に明るさを測りたいだけなら、当商品でも十分かと思います。
ただし、露出計はEV値表示、当商品はルクスでの表示なので換算表を準備しておく必要があります。

照度計 デジタル式Lux(ルクス)表示 8720』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『照度計 デジタル式Lux(ルクス)表示 8720』の詳細を見る

4位.露出計のおすすめ│『VoightLander VCメーターII シルバー 640030』

露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『VoightLander VCメーターII シルバー 640030』

最近こういうイメージの製品が減りました。超小型で場所を取らず、持ち運びも楽です。
金属質でダイヤルの操作感も往年のフィルム使用のカメラに繋がる感覚です。
通常はデジカメSRやらスマホ、4Kカメラを使っていますが、TPOに応じてドイツプラウベルの6×9マキナとロールOPが出陣します。
何れも製造後50年以上を経過したカメラですが、ネガフィルムを使い専用スキャナーとフォトショップによる画像処理を併用する事で、昨今のデジカメにはないテイストの写真が撮れます。
そんな時フォクトレンデル(コシナMadeinJapan)のメーターが適正露出のために大いに役に立ちます。
ネガ撮りだったら、なんの不安もありません。
祖父の形見のNikonS2というレンジファインダーカメラにつけて使用。露出計がないので今まで勘で使っていましたが思い切って購入。
初期のアクセサリーシュー取り付け部は少し左にオフセットされており巻き上げノブに干渉するのですが、取り付け部を移動できるため、中央寄りにすれば普通に使えるようになりました。

デザインもよく馴染むので、クラシックカメラを使うなら一つは持っておきたいアイテムです

コンパクトで操作性もよく実用的で価格も良心的です。多少の慣れを必要とする部分もありますが(測光角とか)、それは全面的にあなたが支払うべき対価です。
なお、こういうものをちゃんと作ってくれる誠実さは当たり前のものではないということを肝に銘じておくべきです。ほんのちょっとでも気になっているのならすぐにでも手に入れておくこと。無くなってからでは遅いです。

VoightLander VCメーターII シルバー 640030』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『VoightLander VCメーターII シルバー 640030』の詳細を見る

Sponsored Links

5位.露出計のおすすめ│『セコニック 露出計 スピードマスター L-858D』

セコニック 露出計 スピードマスター L-858D』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『セコニック 露出計 スピードマスター L-858D』の詳細を見る

6位.露出計のおすすめ│『セコニック 露出計 ライトマスタープロ L-478D』

露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『セコニック 露出計 ライトマスタープロ L-478D』

上位機種のL-858Dとの比較ではレスポンスや機能性、造りなどやはり全体的に劣ります。
付属のケースも安っぽいです。
決して悪い訳ではないのですが中途半端な感じです。反射光測定ではオプションのビューファインダーも必要ですし価格差を考慮するとL-858Dの方が断然コスパは高いです。
こちらを購入するならもう少し奮発してL-858Dを購入した方が満足出来ると思います。
こちらを購入する理由としてはコンパクトなことくらいです。コスパはいまいちです。
 正直、露出計は普通は不要だと思います。
 何故ならば、デジタルカメラは露出を変えて撮影して液晶モニターで確定すればいいだけですので。

 ・・・とは言えども、これはこれでいいところがありまして。カメラ露出プロファイル作成、デジカメに最適な測定モード搭載の逸品です。

 私は主にストロボ撮影時に使用しています。
 顧客側から見ると、露出を色々と時間をかけて変えて撮影する行動は不安感が強くなるみたいです。

イメージしていたより、コンパクトで軽くて使いやすいです。なかなか高価ですが、使っていて快適なので満足度が高いです。

セコニック 露出計 ライトマスタープロ L-478D』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『セコニック 露出計 ライトマスタープロ L-478D』の詳細を見る

Sponsored Links

7位.露出計のおすすめ│『デジタル照度計 HOLDPEAK 881D光度計 携帯型 、露出計、高精度測定、気温測定器搭載、高速応答』

露出計のおすすめ高評価レビュー・口コミ│『デジタル照度計 HOLDPEAK 881D光度計 携帯型 、露出計、高精度測定、気温測定器搭載、高速応答』

単四乾電池が二個付属しています。
電池入れの蓋を開けるには精密ドライバーが必要です。
持っていない人は、百均なりで調達しておきましょう。
使い始めてから1ヶ月ほど経ったある日、突然故障してしまいました。メールで何度かやりとりした結果、交換保証して頂くことができました。日本語は上手ではありませんが、誠意ある対応をして頂けました。迅速な対応に感謝です。信頼できる出品者です。
今回は日本語の取扱説明書がちゃんと付いていて、使い方がよく分かりました。
単4電池2本、電池ボックスのカバー開閉用ミニドラーバーが付属していますので、すぐに照度が計測できます。

デジタル照度計 HOLDPEAK 881D光度計 携帯型 、露出計、高精度測定、気温測定器搭載、高速応答』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『デジタル照度計 HOLDPEAK 881D光度計 携帯型 、露出計、高精度測定、気温測定器搭載、高速応答』の詳細を見る

露出計のおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

露出計のおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りの露出計を見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました