【2021年】サブウーファーのおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
サブウーファーのおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビュー・口コミも加えてご紹介します!

Sponsored Links
  1. 1位.サブウーファーのおすすめ│『ケンウッド(KENWOOD) チューンアップサブウーファーシステム KSC-SW11』
    1. サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ケンウッド(KENWOOD) チューンアップサブウーファーシステム KSC-SW11』
  2. 2位.サブウーファーのおすすめ│『カロッツェリア(パイオニア) 20cm×13cmパワードサブウーファー TS-WX130DA』
    1. サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『カロッツェリア(パイオニア) 20cm×13cmパワードサブウーファー TS-WX130DA』
  3. 3位.サブウーファーのおすすめ│『YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW050(B)ブラック』
    1. サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW050(B)ブラック』
  4. 4位.サブウーファーのおすすめ│『YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW150(B)ブラック』
    1. サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW150(B)ブラック』
  5. 5位.サブウーファーのおすすめ│『カロッツェリア(パイオニア) 24cm×14cmパワードサブウーファー TS-WX400DA』
    1. サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『カロッツェリア(パイオニア) 24cm×14cmパワードサブウーファー TS-WX400DA』
  6. 6位.サブウーファーのおすすめ│『ソニー SONY サブウーファー SA-CS9』
    1. サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ソニー SONY サブウーファー SA-CS9』
  7. 7位.サブウーファーのおすすめ│『FOSTEX アクティブ・サブウーハー PM-SUBmini2』
    1. サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『FOSTEX アクティブ・サブウーハー PM-SUBmini2』
  8. サブウーファーのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

1位.サブウーファーのおすすめ│『ケンウッド(KENWOOD) チューンアップサブウーファーシステム KSC-SW11』

サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ケンウッド(KENWOOD) チューンアップサブウーファーシステム KSC-SW11』

特に不満点はありません。この程度のウーファーなら、バッテリー直で接続しなくてもいいと思います。私はヒューズボックスから10A抜きました。
オーディオは純正ダイヤトーンサウンドナビ、スピーカーはフロントドアとオンダッシュツイーターをKENWOODXSシリーズに換装、リアは純正のまま本品は運転席下へ設置した。

慣らし中であるが納得できる程度の空気は震している。あくまでもサブウーファー、出すぎた真似はさせないし性能からもできない。尻をビリビリ感じさせる程度の低音はいつでもで出せるが私の求める低音はそこではない。
年齢的にも電気楽器ではなくオーケストラの弦楽器や打楽器の低音を求め本品を設置したつもり。あくまでもウーファーの補完という程度の目的であればコスパは充分であると思う。

ケンウッド(KENWOOD) チューンアップサブウーファーシステム KSC-SW11』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『ケンウッド(KENWOOD) チューンアップサブウーファーシステム KSC-SW11』の詳細を見る

2位.サブウーファーのおすすめ│『カロッツェリア(パイオニア) 20cm×13cmパワードサブウーファー TS-WX130DA』

サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『カロッツェリア(パイオニア) 20cm×13cmパワードサブウーファー TS-WX130DA』

ハイエースの200系にセカンドシート下に取り付けました。
自分はRCAのピンから接続しましたがケーブルを別途2本買わないといけなかったので結果2万円弱かかりました。
配線自体は説明書通りでいけましたが自分はマイナス線が足りなかったので配線を延長しました。
リモコンのコードはいらないくらい長いので線を隠すのに困ります。
低音は某動画サイトでみたりするよりも全然低音がでます。
自分みたいなちょっとだけかじるような人にオススメです。
先代モデルのTS-WX120Aから新調です。

モノ自体は文句無しに120Aで必要だった要件を満たしていて、出力が向上した分音域も音量限界も懐が広くなった感があるのですが、
本機のウリであるモード切替がかなり期待外れ(DYNAMICモードにおいてベースラインの周波数によって出る音と出ない音がハッキリしてしまうので違和感が凄い)のため結局DEEPモードしか使用しなさそうなのが残念でした。
また付属のRCA用入力ケーブルが120Aに比べて異常に短い為更新が地味に煩わしい部分が生じました。
確かに良さは実感できますが、120Aを買ったばかりの方は買い替えるほどではないかもしれません。
ドアスピーカーで物足りなさを感じる低音をかなり品良く補ってくれるので、新規購入の方には間違いなくオススメできます。

レヴォーグで純正スピーカとの組み合わせで使用しています。
取り付けは助手席の下にピッタリの大きさで問題ありません。
純正スピーカーでは出ない低音を補うために導入しましたが、概ね良好といったところ。
音質を調整しても突然ノイズが出たり、極端に大きな音になったりしたので最初は取り付けの不具合を疑ったのですが、修理に出して基板を交換してもらったところ、安定して作動するようになりました。

既存スピーカーとの共存を図るため、クロスオーバーやゲイン調整はシビアな調整がしたかったのですが、コントローラーのボリュームは無段階ではなく、どちらも4~5段階程度の非常に荒い設定しかできないものでした。
音質に拘る方は気を付けた方が良いです。

このため、スピーカー分岐では詰めた音質調整は無理で、ヘッドユニットからサブウーファー用の専用出力で接続することをお勧めします。

きちんと調整すれば良い音質で鳴ってくれます。
コストパフォーマンスは良い製品だと思います。

カロッツェリア(パイオニア) 20cm×13cmパワードサブウーファー TS-WX130DA』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『カロッツェリア(パイオニア) 20cm×13cmパワードサブウーファー TS-WX130DA』の詳細を見る

Sponsored Links

3位.サブウーファーのおすすめ│『YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW050(B)ブラック』

サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW050(B)ブラック』

値段、性能、梱包、文句なし!オンキョウのアクティブスピーカーWAVIO77モニターに追加して使ってますが、素晴らしい!
断然、音の厚さ、音響空間の深みが増して、ウワーッ、スゴイ!と、小躍りしたくなるくらい、臨場感が増します。一軒家にお住まいで、ボリュームを気にする必要がない方にはどうかわかりませんが、狭いマンション暮らしで、いつもお隣さんに迷惑じゃないか恐々音楽を聞いている人には、絶対お勧めします!小音量でも、音が別物に変わります!
最近のデジタル化に伴いスピーカーは小型化の一途をたどり良い物も沢山ありますが、低音に欠けるところは小型スピーカーの欠点です。
ウーファーも昔の様な10インチ、12インチの様な大きなものは少なくなり小型化されていますが音響技術の進歩で小さくとも素晴らしい低音が出るようになりました。
今まで使用して居たオーディオスピーカーは30万円もしたのですが何か物足りない物が有りこの度ウーファーを追加しました。
臨場感が素晴らしく良くなり音感が一変しました。一般的にベースになる楽器は打楽器が多いのですが殆どが低音の残響音があり、
これが今までのスピーカーでは不足していたのでしょう。
このスピーカー小型化されていて価格も今まで想像もできなかったほど低価格で重低音が心地よく再生されますが、音量を上げると多少共鳴音
が出るようなので星4にしました。

YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW050(B)ブラック』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW050(B)ブラック』の詳細を見る

4位.サブウーファーのおすすめ│『YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW150(B)ブラック』

サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW150(B)ブラック』

YAMAHAのアンプRX-V585に接続してます。10畳間で使用してますがウーファーのボリューム5で大迫力です。正直一番下の050モデルで一般宅は充分ではないか?と思う。マンションや近所が近い住宅ではこのモデルはパワーが有りすぎかと思う。
RX-V585のボリューム50とウーファーボリューム5で映画、ゲーム音はかなりデカイ。55は夜は迷惑、昼は大迫力。60は昼でもかなりの音圧。上位モデルの500とか1kwとか田舎ポツンと一軒家、コンクリート住宅や地下室じゃないと無理レベルなんじゃないかと。
この値段で買えるのがコスパ高いですね。
出来ればYAMAHAのシステム端子付きアンプを買った方がいいかと思う。ウーファーの電源オフ連動するのでついて無いとよくウーファー電源切り忘れます。
生産が間に合わないらしくなかなか買えないのがたまに傷です。
それ自体でも高音質を提供してくれるYAS-107サウンドバーですが、ウーファーを導入すれば
更に低音が心地よくなるかと思い、いろいろ検討した結果、やはり同じメーカーで揃えたほう
がいいだろうと、こちらを購入。

接続はケーブル1本差し込むだけで超簡単。操作もフロントにある電源と音量だけでお手軽。

これだけでYAS-107の低音が強調され、ドーンドーンと部屋を揺らすような低音が響くようにな
ります。また、ウーファーでありながら比較的小型かつ薄型であり、当家の場合はテレビ台
がロボット掃除機対応で下に15センチほど空きがあったため、そこにすっぽりハマり、設置
場所的にも見た目もすっきり。

ゲームや映画等を更に1ランクアップさせるいいアイテムですね。

dac兼アンプqs-9(soundfort)
メインはP804-S(fostex)と一緒に使っています。

基本youtubeニコ動で
音楽を聴くときはx-apliでatrac132kbpsで聴いています

映画とライブ映像をみるときにウーファーが効果的でした。
他の商品を聴いたことはないのですが満足しています。
私には値段以上でした。
星4にしたのは私のpcデスク(60cm*150cm)に乗らないくらいの大きさだったからです。
先にウーファーを買ったからですが、大きさに不満です。
ただ大きいだけあって効果的でした。

YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW150(B)ブラック』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『YAMAHA サブウーファーシステム YST-FSW150(B)ブラック』の詳細を見る

Sponsored Links

5位.サブウーファーのおすすめ│『カロッツェリア(パイオニア) 24cm×14cmパワードサブウーファー TS-WX400DA』

サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『カロッツェリア(パイオニア) 24cm×14cmパワードサブウーファー TS-WX400DA』

ウーファーとして20Hzまで再生できる機種で選びました。ドスドスというタイプではなく、穏やかな低音が出ます。音は自然な感じでいいと思います。カロッツェリアAVIC-CL-902(サイバーナビ)との組み合わせでの使用感です。他スピーカーはALPINE(X-170S)でHires対応にしましたので、音響の臨場感はかなり良く仕上がったと思います。ただ、ファミリーカーなのでデッドニングしても20~60Hzあたりの音はロードノイズやエンジン音とかぶさる領域なので走行中にはあまり意味がなかったかな。まあ、いいでしょう。低音の補強完了とします。
デミオに取り付け。助手席下に収まりました。同レベルでケンウッドと迷いましたが新製品であるとともに、カロのDEQ-1000a-mzを取り付けているので相性も良いかなと思い購入。ロックなどを聞くとコンパクトながらズンズン響きます。ボディも頑丈そうだし良き品だと思います。

カロッツェリア(パイオニア) 24cm×14cmパワードサブウーファー TS-WX400DA』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『カロッツェリア(パイオニア) 24cm×14cmパワードサブウーファー TS-WX400DA』の詳細を見る

6位.サブウーファーのおすすめ│『ソニー SONY サブウーファー SA-CS9』

サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ソニー SONY サブウーファー SA-CS9』

ソニー製アンプTA-DB790につないでサブウーファーのラインで接続して使っています。重低音がはっきり聴こえていいのですが、節電しようと自動で電源オンオフにしておくと、テレビ音声など重低音が入力されない時には一度スイッチが切れ、CMで音楽が流れるとカチッとスイッチが入って重低音が出てくるため気になる人は電源オンしっぱなしの方がいいかもしれません。
KRKのRP8の低音補強として色々探していました。ほかのメーカー同社のKRK10sなどと検討していましたが最終的に価格で決めました。元々5.1ch用?なのでそこまで馬鹿みたいに期待してた訳では無いですがリスニング用として使うには申し分ないですね。
自分は滑り防止のマットの上にゴム製のインシュレーターをつけて使っていますが床への振動伝達は皆無です。
大口径のフロアスピーカを捨ててブックシェルフの小型スピーカにしてこれを接続することにしました。メインのスピーカが低音が豊かで無い場合に威力を発揮します。
アンプにAとBのスピーカ切り替えスイッチが無いタイプでも接続することが出来ますが、私はBスピーカに接続しスイッチで必要な時だけ使用しています。スイッチを入れると高音〜中音もメリハリが出てくるようです。
裏のパネルで出力調整して本当にうっすらとプラスしてあげるだけで上品な低音になります。
ただひとつ不満を言えばスイッチや調整ボリュームが裏側は使いづらいです。
フロント側に無いので頻繁に調整することは難しいです。

ソニー SONY サブウーファー SA-CS9』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『ソニー SONY サブウーファー SA-CS9』の詳細を見る

Sponsored Links

7位.サブウーファーのおすすめ│『FOSTEX アクティブ・サブウーハー PM-SUBmini2』

サブウーファーのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『FOSTEX アクティブ・サブウーハー PM-SUBmini2』

TVのスピーカのグレードアップを考えていたのですが、あまり予算がないのでサウンドバーがいいのか、TVの下におけるタイプがいいのかずっと悩んでいました。さらに液晶TVにしては結構いい音がするので余計に躊躇していたのですが、車にサブウーファーを付けてその効果に驚いたので、大きさとオートパワーオフが決め手でこれに決定。結果大正解でした。もう映画やMVはこれなしではありえない。こういう物にあまり興味をしめさない妻も重低音に驚いていました。内臓スピーカとボリュームが連動するTVの場合使い勝手も非常にいいです。サブウーファーなら置く場所も限られないしお勧めです。
タイムドメインライト(チューンナップ)に低音が欲しくて購入。
THRU端子が有るサブウーファーで手頃な物を探していてこちらを見つけました。
タイムドメインユーザーには邪道と言われそうですが、音を楽しむのに邪道もくそも無い。好きなように楽しみます。
というわけで、こちらを使ってみた所、なかなか締まりがあって速さのある低音。
足下から来る重低音では無く、直接鼓膜に素早く届く低音、といった感じです。
何気にタイムドメインの高音ともしっくり纏まります。(もちもん調整は必要)
このウーファーは音の輪郭がはっきりしているので私は好みです。
6帖~10帖くらいの部屋で聞くなら十分。
映画等でジェット機の音や、車の音等で家が揺れるような地響き重低音を!という方には向きません。

FOSTEX アクティブ・サブウーハー PM-SUBmini2』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『FOSTEX アクティブ・サブウーハー PM-SUBmini2』の詳細を見る

サブウーファーのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

サブウーファーのおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りのサブウーファーを見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました