【2021年】サイクルコンピューターのおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
サイクルコンピューターのおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビュー・口コミも加えてご紹介します!

Sponsored Links
  1. 1位.サイクルコンピューターのおすすめ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-VL820] VELO9 有線式』
    1. サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-VL820] VELO9 有線式』
  2. 2位.サイクルコンピューターのおすすめ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO WIRELESS+ CC-VT235W』
    1. サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO WIRELESS+ CC-VT235W』
  3. 3位.サイクルコンピューターのおすすめ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-RD310W] STRADA SLIM』
    1. サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-RD310W] STRADA SLIM』
  4. 4位.サイクルコンピューターのおすすめ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-PA110W] PADRONE+』
    1. サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-PA110W] PADRONE+』
  5. 5位.サイクルコンピューターのおすすめ│『Pioneer(パイオニア) サイクルコンピューター ブラック SGX-CA600』
    1. サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『Pioneer(パイオニア) サイクルコンピューター ブラック SGX-CA600』
  6. 6位.サイクルコンピューターのおすすめ│『XOSS G+ GPSサイコンサイクリングコンピュータ、バッテリー内蔵』
    1. サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『XOSS G+ GPSサイコンサイクリングコンピュータ、バッテリー内蔵』
  7. 7位.サイクルコンピューターのおすすめ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-MC200W] MICRO WIRELESS』
    1. サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-MC200W] MICRO WIRELESS』
  8. サイクルコンピューターのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

1位.サイクルコンピューターのおすすめ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-VL820] VELO9 有線式』

サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-VL820] VELO9 有線式』

ロードを譲り受けたので、初めてサイコンなる物を購入しました。
取り付けは簡単で、両面テープを剥がしてフォークにセンサーを仮止めし、付属のタイラップで固定。スポークにマグネットを取付(センサーから5mmの距離)。
配線も付属のタイラップで留めて、基台部分も付属の両面テープとタイラップで留めて完成。
後は出かけるときにサイコンを嵌めたり外したりするだけ。
たまにフラッと走るだけですが、スピード表示が出てるだけでもやっぱり楽しいですね。
距離とかは勿論出ます。
照明は無いので勿論夜間は見えません。
自分には十二分で、安価でおすすめです。
良いです。
トレーニングで使用してますが十分です。
雨でも使用出来ます。
大雨の中トレーニングで何度か走りましたが全く問題ないです。
何回も落として何回も立ちゴケしてますが割れたりもしません。
購入してから5ヶ、
走行距離は2499kmです。
マウンターがちょっと心配ですね。
凹凸で固定しているのであまり信用はできません。
盗まれないように毎回外しているのでガタガタです。
まぁロードバイクなどは室内保管する人が多いでしょうから
毎回外す人なんていないと思いますが。

10月30日。
帰ってきて毎回外しているせいか、とうとう振動でサイコンが半分飛び出るようになってしまった。

2019年2月4日
走行中サイコンが吹っ飛び溝の穴に入り込んでどっか行きました。
サイコンよりマウンターが先に壊れました。
まだあと半年は使えそうだったんですが…
まぁ安いので
「あぁ~。まっいいかwハッハッハ」
という感じです。

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-VL820] VELO9 有線式』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-VL820] VELO9 有線式』の詳細を見る

2位.サイクルコンピューターのおすすめ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO WIRELESS+ CC-VT235W』

サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO WIRELESS+ CC-VT235W』

購入してから約2年間、ほぼ毎日使用してました。雨の日でもお構いなしに使用、拭いたりも一切せず、電池交換も今の今までしてません。正直言って壊れたら壊れたでいーやの感覚で乱雑に使用してきました。なのにいまだ現役です。さすがに液晶表示は薄くなってきましたが見えます。
凄い耐久力です。
この度このメーカーの新しいサイコンを購入したので、ついでにレビューしました。
目標として積算の距離がわかるといいという思いから、価格と信頼性から購入。
取り付け当初は反応しないときがあったりしましたが、微調整後は問題なく速度と距離を刻んでくれています。ボタンが1つしかないと言っていい簡単操作なので、初期設定は面倒だけれど、それさえちゃんとすれば、あとはメンテナンスフリーに近いです。ゲリラ豪雨的なものにも晒されてますが、今のところ問題ありません。
何の文句もありません。素晴らしい。防水もバッチリ。ど素人から、まぁ、ちょっと使いたいかな…というレベルの方までなら、最低限の情報は知る事が出来ます。この製品はバックライト機能が使えるので、暗くなってからが本当に便利。「プラス」以前はバックライトが無いので前方不注意になりがちで怖かったのですが、やはりバックライトは偉大です

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO WIRELESS+ CC-VT235W』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO WIRELESS+ CC-VT235W』の詳細を見る

Sponsored Links

3位.サイクルコンピューターのおすすめ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-RD310W] STRADA SLIM』

サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-RD310W] STRADA SLIM』

メイン液晶ボディーも超~小型で、500円玉より1cm位大きいサイズ感で軽い!のと、何といってもアームセンサーがアーム内側に取り付式で、
猪の牙みたいな見た目ではないスマート感が気に入りました!
難を言えば、本体共にチェレカラーなのに取り付けゴムが黒と言う点が悲しく残念です(泣)なので、★4つです。
初めてのサイコンでしたが、あまりの小ささ・薄さに正直驚きました。
盗難防止に、停めている間はサイコンを外す方が多いと思いますが、あまりに小さいので無くさないように注意しなくてはならないレベルのサイズです。
サイコン本体は縦4.5×横3.2といったところです。
取説は日本語で分かりやすく、取り付け自体は大体15分ほどで終わりました。
ステムに付けましたがバッチリ止められました。
ゴム、結束バンドのどちらで良いので初心者でも簡単に取り付けができます。
サイコンの操作感も良く、値段の割に精度も素晴らしいと思います。
迷っている方はポチれば良いんじゃないんでしょうか!
良い自転車ライフを!!

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-RD310W] STRADA SLIM』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-RD310W] STRADA SLIM』の詳細を見る

4位.サイクルコンピューターのおすすめ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-PA110W] PADRONE+』

サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-PA110W] PADRONE+』

設定や取り付けはhttps://www.cateye.com/jp/support/manual/doc/CC-PA110W_HP_JP_v1.pdfに記載されています。
自分は不器用だったのか1時間前後かかりましたが、多分あなたならそんなにかかりません。

必要工具、マイナスドライバー、6角レンチ3mm
結束バンド250mm×3.6mm、ラバー軍手、ぺンチです。女性の場合少し大変かもしれません。
機能や性能は最低限揃っています。速度、距離、時間、ストップウォッチ、バックライト(常時、5秒点灯)のみで良いのならこれしかないですね!おススメです‼︎また、ワイヤレスなので電池は2つ必要ですがコンパクトでとても良いです。しかもMadeinJapanでした‼︎
改善点としたら取り外しが少々硬いというくらいでしょうか?取り外し方は、サイコンを上に引っ張りながら前に強く引くと外れます。

これは確かにデカい。厚さ以外はガーミンと変わらない大きさ。値段の割りにお得な気すらしてしまうほど。

私は通勤用に使用するので、この大きさとバックライト常時点灯はニーズにぴったりな製品です。ケイデンスも測れればなお良かったけど、この品質&値段で求めちゃダメですね。

中華製で多機能で格安サイコンも多く出てますが、値段なりの不満点も多くキャットアイに帰ってきました。さすが自転車用品販売メーカーと思える製品ですよ。

速度(常時表示)と選択式でもう一つ情報が表示可能なので画面内がごちゃごちゃせずに見やすいです。画面が大きいのも見やすいポイント。通勤と休日の足として使用している自転車なのでスポーツライディングはしません。
ただし、角度が若干シビアです。本体下方向から見るとはっきり見えますが、真上から見下ろすと文字が薄くなるので若干見づらいです。夜のバックライト点灯中はさらに顕著になります。ハンドルバーに付ければいいですが、ステム付近に付ける場合は角度を付ける等、少し工夫をすると快適になると思います。

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-PA110W] PADRONE+』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-PA110W] PADRONE+』の詳細を見る

Sponsored Links

5位.サイクルコンピューターのおすすめ│『Pioneer(パイオニア) サイクルコンピューター ブラック SGX-CA600』

サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『Pioneer(パイオニア) サイクルコンピューター ブラック SGX-CA600』

今までCATEYEを数種、POLARのM460、GARMINの130、レザインのSuperGPSと多種使い込みましたが過去現在で自分的には1位確定!反応性の良さ、使いやすさ最高〜。正直wahooのエレボルと悩んだのですがCA600で良かったです。ほぼデザイン同じなんですけどね〜。地図も見やすいですよ
4月に購入して半年使用
これの前に他社のを買ったけれど、フルマップ内蔵が欲しくてこちらを買い直し。
操作性や視認性など特に不満は無し。パイオニアのサイコンは二台目ですが、
なにが良いと言って動作が安定している事です。バグったり走行中いつの間にフリーズしていたり
そういう不具合がまず発生しないという安心感。輪行して楽しみにしていたサイクリングのログが消失とか
万が一にも起こったら悲しいですから。パワメは持っていないので宝の持ち腐れ感は否定できませんが。
バッテリーはスペックどおり12時間は確保されている模様、とは言え欲を言えば15時間は欲しかった。

これに合わせて初スマホになるAndroidスマホを購入。
評判の悪いアプリですが、Androidだからか特に不具合は見当たりません。普通に使えてます。
iPhoneの場合、iPhoneのBluetoothの仕様に問題があるという噂もありますが、どうでしょう。

Pioneer(パイオニア) サイクルコンピューター ブラック SGX-CA600』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『Pioneer(パイオニア) サイクルコンピューター ブラック SGX-CA600』の詳細を見る

6位.サイクルコンピューターのおすすめ│『XOSS G+ GPSサイコンサイクリングコンピュータ、バッテリー内蔵』

サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『XOSS G+ GPSサイコンサイクリングコンピュータ、バッテリー内蔵』

長さが7.5㎝横幅が4.5㎝厚みが1.5㎝重さが50グラムほどで大変コンパクトで値段も5000円台で初めましてのGPSには手を出しやすい価格で設定は3ステップで初心者でも簡単
まず起動して左右のボタンを同時に押して
一番 タイヤの外周を入力する 700×23なら2096と入力する25ならば2105と入力する
二番 速度の表示方法を選択する
三番時刻を入力する日本の場合9:00だけの入力で
Ok
速度の正確さは+-1キロ程とかなり正確な印象です
GPSを受信するまでの時間は20秒ほどて他のGPS速度計と変わらない速さです
バッテリーの連続使用時間は25時間程とロングライドにも対応出来る時間です
外装はとても質感もよくただ別売のカバー800円のも買ったほうがいいです
最後に中華だからって馬鹿にならない性能でした
まず、このサイコンはGPS測位のみでの使用はあまりおすすめはしない。
Ant+のスピードケイデンスセンサーをxossで比較的安価で購入できるので、是非導入してほしい。
そうすれば、最高のサイコンになる。測位は早いし正確。表示も見易いし、操作感も良好。
なのに、アプリが改善の必要がある。
直感的に操作が出来るようにしたり、センサーペアリングなども把握や設定が出来るようになると尚ベスト。
さらに、日本で販売台数を伸ばしたいのであれば、日本語マニュアルは必須である。
海外の評価もなかなか良いので、もったいないと、思われます。

しかしながら、5000円でGPS測位のサイコンが手に入り、質感も他のサイコンメーカーに勝るとも劣らないので、お買い得であることは確かだ。

xossのセンサー類は、ケイデンス、スピード、ハートレートと充実しているので、これも後からのバージョンアップに事欠かない。

モニター応募で使用しました。普段はGarmin820J使用です。センサーはGarmin純正に問題なく繋がりました。マウントも共用可能です。嬉しい誤算は1つのセンサーに同時にペアリング認識したことで、サイコンが同時使用可能です。
20km程Garminと同時併用して試走したところ、スピード・タイム・距離ともGarminと誤差レベルでした。走行中のスピード認識がGarminより1秒程度遅く反応する感じなのでレース系の使い方には不向きですが普通の使用には十分です。
画面切り替えが物理ボタンなのはタッチパネルのGarminよりも特に冬場、雨の日には良いと思います。
アプリはまだまだ改善の余地がありますがSTRAVAと連携できるので5,000円ちょっとでこの性能ならサブ機として購入するにはオススメです。

XOSS G+ GPSサイコンサイクリングコンピュータ、バッテリー内蔵』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『XOSS G+ GPSサイコンサイクリングコンピュータ、バッテリー内蔵』の詳細を見る

Sponsored Links

7位.サイクルコンピューターのおすすめ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-MC200W] MICRO WIRELESS』

サイクルコンピューターのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-MC200W] MICRO WIRELESS』

チェレステカラーのサイコンはこちらとストラーダスマートがあります。

必要性に応じてどちらを購入するかを迷うと思いますが、こちらは機能性です。

現在速度、現在時刻、好きな表示の3点セットを同時に表示できるのは利点だと思います。(バックライト付き)

対立候補は2点表示でありますが、センサーがフロントフォーク内という見た目重視です。

どちらを購入するかはその人次第ですが、機能を求める人はこちらをおすすめします。

ビアンキのマウンテンバイク
2018年式のkuma29.3に付けました!

29インチ、マウンテンバイクのフォークにも
付属のインシュロックで余裕です!
初期設定と取り付け込みで10分足らず!

何も買い足す必要ありません。

チェレステの写真載せときますね。
参考イメージにどうぞ!

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-MC200W] MICRO WIRELESS』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター [CC-MC200W] MICRO WIRELESS』の詳細を見る

サイクルコンピューターのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

サイクルコンピューターのおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りのサイクルコンピューターを見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました