【2021年】タックルボックスのおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
タックルボックスのおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビュー・口コミも加えてご紹介します!

Sponsored Links
  1. 1位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM-7000(ブラック)』
    1. タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM-7000(ブラック)』
  2. 2位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) BM-5000 バケットマウス ブラック』
    1. タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『メイホウ(MEIHO) BM-5000 バケットマウス ブラック』
  3. 3位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) VS-7055N VS-7055N』
    1. タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『メイホウ(MEIHO) VS-7055N VS-7055N』
  4. 4位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) VS-7070 ランガンシステム』
    1. タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『メイホウ(MEIHO) VS-7070 ランガンシステム』
  5. 5位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) VS-7070N VS-7070N』
  6. 6位.タックルボックスのおすすめ│『ダイワ(DAIWA) タックルボックス TB3000 ブラック/レッド』
    1. タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ダイワ(DAIWA) タックルボックス TB3000 ブラック/レッド』
  7. 7位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) ランガンシステム VS-7055』
    1. タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『メイホウ(MEIHO) ランガンシステム VS-7055』
  8. タックルボックスのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

1位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM-7000(ブラック)』

タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM-7000(ブラック)』

微妙って悪い意味ではなく、良い意味です。絶妙と表現すべきか。

バケットマウス9000、5000を持っていたので本品を購入してコンプリート完了です。
9000はロッドホルダーまで入れると巨大だったのであまり使ってなく、いつもは5000を使っていました。
遊漁船などに乗るときにバッテリーや探見丸などを入れると5000では若干手狭だったので7000を買ってみました。

5000より9000寄りのサイズですが、私には絶妙なサイズでした。

上段のトレーのサイズが個人的には気に入りました。9000の巨大なトレーも色々入り便利でしたが下に入れる物の高さを考える必要がありました。本品は深さは丁度よく、幅(長さ?)もちょうど半分の位置までなので、下に入れる物の高さをそこまで気にする必要がないのと、下を隠す面積も少ないのでアクセスしやすいです。

でも本当はBM5000でシンプルに釣りが出来る男になりたいです。

 船釣りに使用するため購入しました。購入前までは、少し大きめのファスナー付きの磯バッカンを使用しておりましたが、電動リール2個・バッテリー・ビッグサイズのシャベルビシ・MDビシ・40~100号サイズの錘・その他小物類等を入れると、かなりの重さになり、耐久性が心配になったため、この商品の購入にいたりました。
 BM-9000とどちらにするか最後まで悩みましたが、お世話になっている船のサイズを考慮した結果、BM-7000に決めた次第です。丈夫で、竿立て等の小物も別途販売されており、長くお付き合いできる商品だと思います。
 

メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM-7000(ブラック)』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM-7000(ブラック)』の詳細を見る

2位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) BM-5000 バケットマウス ブラック』

タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『メイホウ(MEIHO) BM-5000 バケットマウス ブラック』

中に収納するケース選びの際は底に近づく程すり鉢状に狭くなってるので表記の内寸サイズ通りに選ぶと入らなくなります
スリットの出っ張りも有るので複数のケースを並べて収納する際は余裕を持って選ぶことをお勧めします。
渡しの一文字での回遊待ちのエギング時に使用したく購入しました。
共に「ロッドスタンドBM-250Light」も購入しております。

一言で言うと買って大正解。
コンセプトの「座れる」という部分が非常に便利で、収納量もかなり多く感じます。
それでいてサイズは適切で、クーラーを肩に描け、ロッドを2本持ちこのボックスを持っても軽々と防波堤に上がれます。
中にはエギ20本、予備リール2個、フィッシュグローブやリーダー、スナップ等を収めたピルケースを入れていますがそれでもまだ少し余裕がありますね。

何より疲れたときに座れるというのはとんでもなくありがたいです。
耐荷重性も高いようで、職場の100キロオーバーの友人に貸して使ってもらったところ、まったくきしみもなくびくともしません。
白く変色したようなところもなくよく考えて作られていることがわかります。
サイズ感、使い勝手などを考えるとBM-5000は最適解に近いですね。

まず伝えたい事それは、当方かなり体格が良い方ですが座ってもかなりの安心感が有りました。プラやその他素材のたわみを全く感じず安心しました。収納力も申し分なくその店も申し分ありませんでした。サイズ感としては持ち運びに影響するギリギリといった所でしょうか。ランガンも可能でしょう!壊れる心配も欠片も感じませんが3000円を切る値段なので問題ありません。ケースは3010サイズとリキッドパック(VS-L430Ⅲ)を使用しています。

メイホウ(MEIHO) BM-5000 バケットマウス ブラック』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『メイホウ(MEIHO) BM-5000 バケットマウス ブラック』の詳細を見る

Sponsored Links

3位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) VS-7055N VS-7055N』

タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『メイホウ(MEIHO) VS-7055N VS-7055N』

うーむ、改良版を買ってよかった。
従来品は竿をロッドケースに入れて移動すると、安定せず竿を落としそうでストレスだった。
本品はストッパーのおかげでブランブランしない点が、地味だがすごく良い改良なので星5つ。
メイホウ製ケースの収容力は以下の通りなので参考にされたし。
上段収容
SFC-Lサイズ推奨だが、サイズ感は良いものの隙間が多めなので、百均で売っているウレタンシート等を天井と底に張り付けるとガタつかず快適。
特に天井はツルツル滑るので、釣り場で作業トレーとして利用したい人はシート貼り付けは必須。
下段収容
メイホウ製3010サイズだと、ND×2、NS×1、NDDM×1だとぴったり収まりガタつかない。
カタログ推奨のND×4だと取り出しやすいが、隙間が空いて移動中にガタガタうるさい。

メイホウ(MEIHO) VS-7055N VS-7055N』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『メイホウ(MEIHO) VS-7055N VS-7055N』の詳細を見る

4位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) VS-7070 ランガンシステム』

タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『メイホウ(MEIHO) VS-7070 ランガンシステム』

ヒップバックしか持っていなかったので購入、同時にロッドスタンドと対応するケースも購入しました。

他の同種製品を持っていないので、比較はできませんが、ヒップバックに収めていたものはもちろんのこと、車に置いていた予備のラインや仕掛けまで全部収まりました。収納するルアーケースも手持ちのものはすべてスッキリ収まっています。対応品はなおさらのこと。

また、体重80キロ超の私が腰を掛けてもビクともしません。堅牢な造りです。
私は管釣りがメインなのでこれで十分です。
ロッドが増えたらスタンドを買い増すくらいでしょうか。

釣行の際、駐車場で必要なものをガチャガチャやらずにこれとロッドだけ出せば良くなり、スッと釣り場まで行けてストレスが減りました。
ヒップバックが空っぽになったので、携帯電話や財布、飲み物を携行し易くなったのもいいです。

上段のみ釣り具を入れて下段にはソフトクーラーバックとタッパを収納して釣った魚を入れてます。
ロッドスタンドにはエサ釣りでチョイ投げをしながらアジング、メバリングを同時にしています。
疲れたら腰掛けられるのも良いですね!
ストレスなく釣りに集中するために、タックルボックスの収容能力とサイズは考えますよね
色々な製品を試した結果、ある程度やりたい事の決まった一日のレンタルボート釣行はVS7070で落ち着きました
泊り等、複数日釣りをするには色々現地で感じたことを試したいので、バケットマウスやドカットのサイズとなりますが、
ボートの空きスペースが少なくなるのが難点。
VS7070は収容能力とサイズのバランスが良いと思います。

メイホウ(MEIHO) VS-7070 ランガンシステム』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『メイホウ(MEIHO) VS-7070 ランガンシステム』の詳細を見る

Sponsored Links

5位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) VS-7070N VS-7070N』

メイホウ(MEIHO) VS-7070N VS-7070N』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『メイホウ(MEIHO) VS-7070N VS-7070N』の詳細を見る

6位.タックルボックスのおすすめ│『ダイワ(DAIWA) タックルボックス TB3000 ブラック/レッド』

タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ダイワ(DAIWA) タックルボックス TB3000 ブラック/レッド』

ランガンに持っていくことを考えると車移動ならアリだと思いますが、電車やバイクや自転車移動には使いにくいと思います。私はライトゲーム用の小物整理用に家で使用することを前提に購入しました。全部入れるにはTB3000は少し小さかったようです。サイズはDaiwaのクールラインS800Xと同じくらいですでの重ねて置くにはちょうど良いです。インナートレイにはMEIHOライトゲームケースJ、メインは仕切りを使うと小物ケースのVS-3XX(ダイワのマルチケースだと122MD/NJ)、ツールケースのリバーシブルD-86やF-86を立てて複数入れるのにちょうど良いサイズです。色々入れるにはやっぱり容量不足を感じました。
見た目以上に物が入る。

Daiwa月下美人カラーなので
所有欲を満たしてくれる最高です。

普通に良き

ダイワ(DAIWA) タックルボックス TB3000 ブラック/レッド』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『ダイワ(DAIWA) タックルボックス TB3000 ブラック/レッド』の詳細を見る

Sponsored Links

7位.タックルボックスのおすすめ│『メイホウ(MEIHO) ランガンシステム VS-7055』

タックルボックスのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『メイホウ(MEIHO) ランガンシステム VS-7055』

釣種ごとに分けています。
小さいですがそこそこ重量はあり、その分頑丈です。ただ自分は座ることはないです。
色が両方黒なので別売りのロッドスタンドのカラーで見分けつくようにしています。
もしロッドスタンド使用される際は風などによる転倒を減らす目的で、
シンカー系の比重のあるものをスタンドの逆側に配置するのをおすすめします。
機能的にはハンドルによる蓋の簡易ロックや、下段解放時にハンドルがスタンド(脚)として機能し、
蓋裏が作業台として使えるようになっていたりと色々と考えられています。
唯一の改良希望部分は上段蓋を開けるとき、片手操作だと下段も一緒に開いてしまうことがあるので、
下段が開かないようなロック機構があれば完璧だと思います(すごく個人的な見解です)。
購入の際は是非現物での収納容量とサイズを確認してからをおすすめします。
このサイズは管釣トラウトで使われてる方が多いですよね。自分はバス釣りで使用しています。おかっぱりメインだとヒップバッグが使い易いですが最近は回遊待ちの川スモール狙いになったので1ヶ所でじっくり釣りする人にはピッチリだと思います。サイズは小さいですが、あれもこれもと詰め込めないので運搬時も苦労しません。下段ルアー、上段シンカー等と使ってますが上段は浅いのですぐに一杯になります。サイドポケット等が必要かも?
ロッドホルダーも二個つけましたが他にも色々と装着オプションを付けると総額1万円近くなるので、あまり拘り過ぎないほうがいいですよ😅
まぁ趣味の世界なんでカスタムするのも楽しいですが‥

メイホウ(MEIHO) ランガンシステム VS-7055』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『メイホウ(MEIHO) ランガンシステム VS-7055』の詳細を見る

タックルボックスのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

タックルボックスのおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りのタックルボックスを見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました