【2021年】ツェルトのおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
ツェルトのおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビュー・口コミも加えてご紹介します!

Sponsored Links
  1. 1位.ツェルトのおすすめ│『ライペン(ARAI TENT) ビバークツェルト・ソロ』
    1. ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ライペン(ARAI TENT) ビバークツェルト・ソロ』
  2. 2位.ツェルトのおすすめ│『アライテント スーパーライト・ツェルト1 370100』
    1. ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『アライテント スーパーライト・ツェルト1 370100』
  3. 3位.ツェルトのおすすめ│『SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132』
    1. ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132』
  4. 4位.ツェルトのおすすめ│『ファイントラック(finetrack) FAG0123 ツエルト2ロング MO(モス)』
    1. ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ファイントラック(finetrack) FAG0123 ツエルト2ロング MO(モス)』
  5. 5位.ツェルトのおすすめ│『Juza Field Gear Em-Shelter I UL/エム・シェルター1ウルトラ・ライト』
    1. ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『Juza Field Gear Em-Shelter I UL/エム・シェルター1ウルトラ・ライト』
  6. 6位.ツェルトのおすすめ│『NatureHike1人用ワンタッチテントアウトドアキャンピングテント超軽量テント』
    1. ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『NatureHike1人用ワンタッチテントアウトドアキャンピングテント超軽量テント』
  7. 7位.ツェルトのおすすめ│『アライテント(ARAI TENT) ビバークツェルト1 ロング』
    1. ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『アライテント(ARAI TENT) ビバークツェルト1 ロング』
  8. ツェルトのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

1位.ツェルトのおすすめ│『ライペン(ARAI TENT) ビバークツェルト・ソロ』

ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ライペン(ARAI TENT) ビバークツェルト・ソロ』

当初、沢や釣りで1晩死なない為に購入し、ザックの中に常備しておりましたが、昨年雨天山行時にポンチョとして活用、通気性の良さ、収納性、再利用等、他製品に比べ優れている事に気付きました。100均ポンチョより軽く、再利用でき、高級ポンチョより軽く、袖口からの水の浸入ありません。欠点は頭部が覆えませんので、帽子か傘が必要です。強風や稜線はそもそも適応外でセパレート雨具の範疇です。
今年冬に雪山で休憩に利用しました。当初、体育座りで被って使用しましたが、スコップを持っていたので、縦穴を掘り横穴を50cmほど掘り、そこに足を入れ、横たわった上にこのツェルトを被って昼寝ができました。吹雪の鳩待峠です。設営時間は15分ほど。お護りとしてだけではなく、イロイロ活用できます。コスパ、重量良し。
ポンチョとして何度も使用していますが、大雨でも濡れません!

しかも、モンベルのポンチョと同じくらい大きいです。
ザック無しで足首まで、ザック有りで膝下まで雨を防いでくれます。

ライペン(ARAI TENT) ビバークツェルト・ソロ』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『ライペン(ARAI TENT) ビバークツェルト・ソロ』の詳細を見る

2位.ツェルトのおすすめ│『アライテント スーパーライト・ツェルト1 370100』

ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『アライテント スーパーライト・ツェルト1 370100』

まず梱包を解いたら、専用袋から出し、一度広げた後、ポールひっかけの輪に120cmのスクングを結びます。
適当に丸めて、スリングでグリグリ巻いて、これをリックサックの直ぐ取り出せるポケットに入れます。専用袋は使ってはいけません。
登山で突然の雨や風、雪、寒、の休憩時にスリングを首にかけ、クルクルっと一気に広げて被ります。中でカッパに着替えたり、ポットのお湯を飲むと生き返ります。
撤収も適当にたたんで、グリグリ巻きで収納できます。
山小屋泊で布団が汚かったり、寒い時はこれに包まったり、掛けたりしてして使います。
家に帰ったら、広げて1時間乾燥すればOK。
小さい折りたたみ傘をツェルトの中で広げ12時間携帯電波の届かないところで雨の中過ごしました(笑)
軽量ツエルトの中でも生地が厚めなような気がして購入。
その通りでした。着色ビニル袋のような薄い生地でないので安心感
があります。
黄色で目立つのも機能なのでしょうが、緑色も出してほしい。

アライテント スーパーライト・ツェルト1 370100』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『アライテント スーパーライト・ツェルト1 370100』の詳細を見る

Sponsored Links

3位.ツェルトのおすすめ│『SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132』

ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132』

台風の中のテント泊で山小屋に避難した際に使用しました。避難先には3組ほど先客が居ましたが、1組がフリースのエマージェンシーシートに包まって座ってました。他ふた組は分厚いダウンを着てました。私を含めエマージェンシーシートに包まってる2組は寝れてそうでしたが、他ふた組は震えてて、体を動かしたりしてました。
服が濡れてしまった時は、脱いでこれに包まった方が暖かいのだと学びました。
急遽冬にキャンプに行くことになり、寒さをしのげればいいなと思ってとりあえず買ってみました。
とっても安かったので対して期待をしていなかったのですが、風よけ効果バツグンでした!
薄い割にはあるのとないのでは全然違う。
耳に風を当たるのを防ぐためにパケ写のように頭から被りましたが、全身すっぽり覆っても余るぐらいの大きさでした。

大きいシートなので、手で持ってないと開いてしまうので大きめなクリップを持っていけばよかったなと思いました。

SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132』の詳細を見る

4位.ツェルトのおすすめ│『ファイントラック(finetrack) FAG0123 ツエルト2ロング MO(モス)』

ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『ファイントラック(finetrack) FAG0123 ツエルト2ロング MO(モス)』

気温2℃風速5m~8m
トレッキングポールとサイドリフターの一般的な設営
①48時間、風の影響は全くなし
②人が入って2時間ほどで結露。水滴が落ちることはなく許容範囲。
③168cm58kg1名ツェルトとしては十分な居住性
初めての設営も20分程度で出来ました。
グラウンドシートとマットがあれば常用テントとしても良いと思います。
とても気に入りました。
ダイニーマテープで補強が加わっているらしいですね、強くは張らないのですが安心です。φ2mmのロープで設営するとちょうどいいかな。ソロで日帰りならもっと小さいツェルトがオススメ。
畳んだ状態が思ったよりも大きいですが、山に行くときには常に携帯しています。

ソロキャンプもこれでいけます!

ファイントラック(finetrack) FAG0123 ツエルト2ロング MO(モス)』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『ファイントラック(finetrack) FAG0123 ツエルト2ロング MO(モス)』の詳細を見る

Sponsored Links

5位.ツェルトのおすすめ│『Juza Field Gear Em-Shelter I UL/エム・シェルター1ウルトラ・ライト』

ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『Juza Field Gear Em-Shelter I UL/エム・シェルター1ウルトラ・ライト』

厳冬期の冬山登山で天候の急変などでヤバイなと思うような状況に遭遇した事がある人ならわかると思いますが、外気温マイナス15℃で風速20m/sでツェルトを張る時間的、体力的に余裕が無い時にはこれは30秒で風雨をしのげる安全な空間が確保できるので、本当に心強いアイテムだと思います。ザックを外にだしてスポンジのマットを敷けば175cmの私でも足を伸ばして横になれます。切迫した緊急時にはこのシェルターがベストな選択かと思います。
2回昼食時に使用(雨天、強風)かなり頼もしいです。強風の時は結構振りましたがキチンと押えをしておけば大丈夫でした。寒さも感じる事なく快適な昼食になりました。軽いし必ず持ち歩いています。

Juza Field Gear Em-Shelter I UL/エム・シェルター1ウルトラ・ライト』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『Juza Field Gear Em-Shelter I UL/エム・シェルター1ウルトラ・ライト』の詳細を見る

6位.ツェルトのおすすめ│『NatureHike1人用ワンタッチテントアウトドアキャンピングテント超軽量テント』

ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『NatureHike1人用ワンタッチテントアウトドアキャンピングテント超軽量テント』

写真を見たらワンタッチ式では無いことが一目瞭然ですけど、、、一応、書いときます。ワンタッチ式では無いです。非常に完成度が高いデザインで、縫製は割と丁寧です。一度雨にも降られましたが、まあまあ、悪く無いです(縫い目にシーリング等はされてますけどフライシートが軽量狙いでかなり薄い)。どうせどんなんだって結露で濡れますしね。グランドシートもセットしてくれてるのはポイント高い!一応、ペグダウンしなくとも自立はするんで、コンクリートの上でも使えます。もちろん風で飛ばされるんで中に荷物は投げ込んどかないとダメですよ。微妙なトコロは、ビミョ~に左右非対称なトコロ!判りにくいんですけどポールもインナーテントも左右で高さが異なります。んで、それを間違えてポールを無理やり引っ張ると過剰な負担がかかってしまいますのでご注意を!あらかじめポールのY分岐に印付けといたら大丈夫かな?!
登山でもう一年使用していますが、ドシャ降りにも耐え、軽くてGoodです!又、アルミフレームなので強度もあります。
自転車でのキャンプツーリング用にコンパクトなものを探していましたが、これは、とても小さく軽いです。以前使っていたものは、ポールを2本クロスさせスリーブに通すものでしたが、これはポールが一体化していて、インナーのフックをひっかけるだけなので、設営はかなり楽です。真夏で、夜露がしのげ、虫除けにも充分です。雨の経験はまだないのでわかりませんが、生地は薄いです。
蒸れたりする事はありませんでした。
ブランド等気にしなければ、コスパを考えても充分満足してます。

NatureHike1人用ワンタッチテントアウトドアキャンピングテント超軽量テント』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『NatureHike1人用ワンタッチテントアウトドアキャンピングテント超軽量テント』の詳細を見る

Sponsored Links

7位.ツェルトのおすすめ│『アライテント(ARAI TENT) ビバークツェルト1 ロング』

ツェルトのおすすめ高評価レビュー・口コミ│『アライテント(ARAI TENT) ビバークツェルト1 ロング』

テントとして持って行きましたがツェルトはツェルトです。ボトムが岩に擦れて、あっという間に裂けました。
春、秋の寒い時期とか、スノーシュー歩きの昼に使用。
大きめの防水スタッフバックに入れて、濡れてもザックを濡らさなよにしています。
二人位までが丁度良い大きさです。

アライテント(ARAI TENT) ビバークツェルト1 ロング』の詳細はこちら↓

レビュー・口コミの詳細を見る
『アライテント(ARAI TENT) ビバークツェルト1 ロング』の詳細を見る

ツェルトのおすすめ人気ランキング・高評価レビュー・口コミ・比較│まとめ

ツェルトのおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りのツェルトを見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました