【2020年】薄口醤油のおすすめ人気ランキング7選!Amazonの高評価レビュー・口コミから徹底比較

今回は、Amazonの総合評価☆4.0以上の中から、
薄口醤油のおすすめ人気ランキング7選』を、高評価レビューも加えてご紹介します!

Sponsored Links

1位.薄口醤油のおすすめ│『丸島醤油 純正醤油 淡口 900ml』

薄口醤油のおすすめレビュー│『丸島醤油 純正醤油 淡口 900ml』

素材の味と色を損なうことなく、上品な醤油の味を加えて美味しくしてくれる
薄口醤油です。

小松菜のお浸しを試してみましたが、正直、こんなに美味しいと思っていませ
んでした。薄口醤油なので塩味はありますが、お浸しやお吸い物など出汁の
味を楽しみたいものと一緒に使っています。

感激の美味しさでした。本当に無添加で価格も…となると難しいのですが、この価格でこの味はとてもお買い得でした。普通のおしょうゆもここのもを試します。というか使ってすぐに書き込みたくなるようなお醤油でした。あ。うすくちと言うより、うすくちっぽい普通のお醤油(味があるというか…)って感じです。

丸島醤油 純正醤油 淡口 900ml』の詳細はこちら↓

『丸島醤油 純正醤油 淡口 900ml』を見る

2位.薄口醤油のおすすめ│『井上醤油店 うすくち仕立てじょうゆ 井上 こはく 720ml』

薄口醤油のおすすめレビュー│『井上醤油店 うすくち仕立てじょうゆ 井上 こはく 720ml』

この醤油に出会ってかれこれ4年近くになります。
主に家庭用の根菜類の煮物に使用しています。羅臼昆布と混合ダシ(イワシ・アジ・サバ)で出汁を引き、みりんは三年熟成「福来純」。
この組み合わせは最強だと思います。まるでキャプテンアメリカとスーパーマンとスパイダーマンが揃ったような…。
味は取り立て深みとか熟成度は感じません。単体では塩辛いだけです。
しかし前述の調味料と組み合わせ、素材を煮込むと安物の大根が途端に高級料亭の味に変身します。

わたしのお気に入りはこの醤油できしめんの汁を作ることです。この汁の味を知ってしまうともう市井のうどん屋には行けませんよ。
またこの醤油に味醂と白ワインを少し入れて豚角を煮込んでもとても美味しくいただけます。(牛丼の具もイケる。)
星の数がひとつ足りないのは容量が少なく、値段も高かくお財布に優しくないから★4つです。
私はもうこの醤油がなければ生きていけません。いちどお試しあれ!

お料理に使うと、上品なお味にまとまる気がします。
そのままお刺身やアボカドなどと頂いても、とても美味しいです。
井上醤油店の濃口も好きですが、こはくはそれ以上に好きです。
紀ノ国屋のお寿司やお惣菜にも井上醤油店のお醤油が付けられているので
美味しさが認められているのでしょう。
リーズナブルですし、常備しておきたい調味料の一つです。
無添加の昔ながらの
うす口醤油を探して
辿り着きました。
ガラスの容器に移し替えると
綺麗な琥珀色です。
個人的には、尖ってない塩気に
ほのかな甘みも感じました。
子供の頃食べていた、
日が経つとオリの
出来る自家製の
味に限りなく近いものです。
価格も手ごろで有り難いです。

井上醤油店 うすくち仕立てじょうゆ 井上 こはく 720ml』の詳細はこちら↓

『井上醤油店 うすくち仕立てじょうゆ 井上 こはく 720ml』を見る

Sponsored Links

3位.薄口醤油のおすすめ│『ヒガシマル醤油 超特選丸大豆うすくち 吟旬芳醇 400ml×3本』

薄口醤油のおすすめレビュー│『ヒガシマル醤油 超特選丸大豆うすくち 吟旬芳醇 400ml×3本』

うすくちで原料が国産、空気に触れにくいボトル、デイリーで使える価格、私には完璧な醤油です。
近所のスーパーで買いましたが再販していないようで、しかもヒガシマル醤油自体、
置いているスーパーがなかなかなく、別のスーパーも取扱いがなくなったり探しまくっていました。
このまま売り続けてほしいです。
ヒガシマルの営業の人、販路拡大を頑張ってほしいです。
龍野乃刻を切らしてしまったので繋ぎで購入しましたが、
最近では一般化しつつある空気に触れないボトル入りでありがたいです。
一般的な黄色いラベルの物よりもフレッシュボトルの効果もあり
変色しにくく芳醇です。
龍野乃刻もこのタイプのボトルにしてくれれば良いのになぁ…

ヒガシマル醤油 超特選丸大豆うすくち 吟旬芳醇 400ml×3本』の詳細はこちら↓

『ヒガシマル醤油 超特選丸大豆うすくち 吟旬芳醇 400ml×3本』を見る

4位.薄口醤油のおすすめ│『丸島醤油 純正醤油 淡口 1.8L』

薄口醤油のおすすめレビュー│『丸島醤油 純正醤油 淡口 1.8L』

淡口との表記ですが、一般で言う関西の薄口醤油です。

薄口というのは減塩という意味ではなく、色が薄目であるということで塩分濃度は濃口と比べると少し高いのでお気を付け下さい。
関西風の料理では料理醤油として必須の薄口醤油。 
「薄口」醤油発祥の地である小豆島にある醸造元で、基本に忠実に作られているので安心して使えます。

煮物など火を通すとやっすい醤油は風味がとんじゃいますが、ちゃんとしてます。
淡口の醤油を使うと料理の色が薄く仕上げられるので見栄えが良くなっていいですね
味も尖った感じがなくまろやかなので気に入っています

丸島醤油 純正醤油 淡口 1.8L』の詳細はこちら↓

『丸島醤油 純正醤油 淡口 1.8L』を見る

Sponsored Links

5位.薄口醤油のおすすめ│『大徳醤油 淡口丸大豆醤油 500ml』

薄口醤油のおすすめレビュー│『大徳醤油 淡口丸大豆醤油 500ml』

伝統を守ってていねいに作られているのがわかります。よけいなものが入らない、すっきりして深みある味。いろいろな料理に使うのが楽しみ。これからもずっと日本の本来の醤油を作り続けてほしいです。
製法が自然由来だけに
懐かしい味と云いましょうか
餃子も納豆も格別になります

大徳醤油 淡口丸大豆醤油 500ml』の詳細はこちら↓

『大徳醤油 淡口丸大豆醤油 500ml』を見る

6位.薄口醤油のおすすめ│『ヒガシマル醤油 特選丸大豆うすくちしょうゆ 750ml×3本』

薄口醤油のおすすめレビュー│『ヒガシマル醤油 特選丸大豆うすくちしょうゆ 750ml×3本』

国産の丸大豆が原料で、色々な化学調味料やアルコールも入っていないので、発酵で生じたものはあるでしょうが、化学物質過敏症が高じた今でも、味醂や料理酒を使わないで調理すれば、マスクなしで鍋の傍に立てています。ただし、煮立つと、傍の空気清浄機がターボで動き出しますから、空気が空気清浄機に吸い込まれていくので、立てているのだとは思います。が、このしょうゆや、高価すぎて使い続けられなかった本物の醤油などを使う前は、ただ傍に立つことが、マスクをしていてもできませんでした。臭覚が壊れてしまった今も、影響だけは受けるので、余計に疑わしいものを使うことができませんが、このしょうゆが今の製法で作られるかぎり、安心して使えそうです。願わくば、値上がりして使い続けにくくなりませんように、というのは身勝手な願いですが・・・日々、本当に、助かっています。
以前は、近くのスーパーにおいてあり、そこで購入していましたが、いつごろからか見かけなくなり、あちこちと探していました。もしやと思って、アマゾンで検索し見つけたときは喜びました。今後もリピします。
使い勝手の良い醤油です。昔から使っていたので美味しさも知っていました。料理は醤油で味が全く変わってしまうので慎重になるものですが、この醤油は素材の邪魔をしないので重宝しています。

ヒガシマル醤油 特選丸大豆うすくちしょうゆ 750ml×3本』の詳細はこちら↓

『ヒガシマル醤油 特選丸大豆うすくちしょうゆ 750ml×3本』を見る

Sponsored Links

7位.薄口醤油のおすすめ│『ヒガシマル醤油 うすくちしょうゆ 1.8L』

薄口醤油のおすすめレビュー│『ヒガシマル醤油 うすくちしょうゆ 1.8L』

四国出身で子供の頃からの醤油です。
東京でも時々売っているスーパーがありますが、このサイズは無いのでいつもamazonです。
高級スーパーだと薄口は丸島醤油が置いてありますが、普段の味にはヒガシマルで大丈夫。目玉焼きも冷奴も煮物もすべてコレです。
特選も買ってみましたが、こちらで十分かな。切れる頃に他のものと合わせて注文しています。
関東の人間ですが、子供の頃からこのしょうゆを使っていました。だから味もさることながら、料理を作るのにはこのしょうゆでないと上手く行きません。ずっと買っていた酒屋さんが廃業してしまい、スーパーでは小さいサイズしかないので困っていました。これからも使い続けたいです。
この味でないと自分の料理になりません。おいしいしょうゆだと思ってます。

ヒガシマル醤油 うすくちしょうゆ 1.8L』の詳細はこちら↓

『ヒガシマル醤油 うすくちしょうゆ 1.8L』を見る

薄口醤油のおすすめ人気ランキング│まとめ

薄口醤油のおすすめ人気ランキング7選』いかがでしたでしょうか?

ぜひ、お気に入りの薄口醤油を見つけて、あなたの実生活に役立ててみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました